アパレル商品の廃棄問題を解決するSDGs

アパレル商品の廃棄問題を解決するSDGs

アパレル業界において深刻なのは、売れ残った衣料品の廃棄問題です。大量のファッションアイテムはすべて売れるわけではありません。中には大量に売れ残ってしまうものもあり焼却処分されます。環境問題などに関係するもので社会問題にもなっています。上記のような問題を解決するSDGsはどのような活動なのか知っておきましょう。

アパレル商品の廃棄問題を解決するSDGs

企業はどんな取り組みを行っているのか

SDGsはどんなものなのか

ファストファッションやブランドの洋服などは、売れ残る場合もあります。売れ残ったアイテムは焼却処分されるものも多く、一時は環境団体からクレームも来ました。SDGsはサスティナブルディベロップメントゴールという意味の言葉で、いくつかの要素から成り立っています。例えばすべての人を健康にする、貧困をなくすといった活動を行います。ファッション業界でも注目されている活動で、大量生産や環境問題に対応します。

リネームについて知ろう

アパレル業界が行っているSDGsの1つにリネームと呼ばれるものがあります。売れ残った洋服を廃棄するのでなく、再販をするものでもありません。タグを付け替えて別の商品として販売するものです。そうすることによって製造元や元となったブランドに傷をつけることなく商品を売ることができます。うまく利用すればアパレルの廃棄量を減らすことが可能です。ショーではヴィンテージアイテムを使ったり、オーガニックコットンのアイテムを取り入れるなど、環境に配慮したコーディネートも登場しています。

古い服を書き換える活動

ファッション業界では90年代などにリリースされた洋服を書き換える作業も行っています。古い商品は汚れているものや、型が古いものもあります。そこで形状をアレンジして染め直すことによって、新規商品として販売をしています。衣料廃棄が問題となっている状況において、売れ残った商品を再構築して販売する手法を用いることで、廃棄問題解決に取り組んでいます。再構築された洋服は基本的に一点物となっているので、同じものはありません。

ファッションショーを行い認知度を高めている

2020年には静岡市でSDGsの推進ファッションショーを行っています。ファションショーは2019年から開始されていて、のべ7230人が来場しました。毎回テーマを設けて、テーマに沿ったファッションショーを開催しています。スペシャルゲストやモデルの参加などもあり、多くの方にSDGsの重要性を発信しました。

衣料品の廃棄問題を解決してくれるSDGs

廃棄をなくし洋服の有効利用をするSDGsはアパレル業界の将来を担う

衣料品の廃棄問題を解決してくれるSDGsは多くの企業が取り入れています。例えば売れ残ったブランド品をリネームして販売する、過去に販売された洋服を再構築して新商品として売るといった活動を行っています。またファッションショーを行いアパレル商品の廃棄問題を世間に広めています。上記のような活動を行うことによって、少しずつ衣料品に関係する廃棄問題や環境問題は解決できます。

サスティナブルファッションって何?

話題のサスティナブルファッションとは

サスティナブルファッション。その言葉は聞いたことがあるけどどんなファッションのことなのでしょうか。すでに多くのアパレルメーカーで取り組みが始まっている、環境への配慮を考えたファッションのことです。今注目されている話題のサスティナブルファッションについて詳しくなって、少し大人なファッションの選択をしてみませんか。

話題のサスティナブルファッションとは

話題のサスティナブルファッションとは

サスティナブル(Sustainable)とは、持続可能なという意味をもちます。サスティナブルな社会とは、持続可能な地球環境に配慮した社会という意味で使われています。そしてサスティナブルファッションというと、生産から販売、消費までの一連の流れにおいて、環境や社会にできる限りの配慮がされているファッションをいいます。様々なアパレルブランドが取り組み始めています。

例えば生産や販売の分野では、環境に影響を与えないオーガニックコットンを使用する、長期的な雇用を保証するための生産の仕組みを作る、販売する際の商品のタグや包装などにプラスチック原料の使用を控えるなどです。世界的な環境への意識の高まりからサスティナブルな考えは、ファッション業界にも大きく浸透し、消費者の意識にも届くようになってきました。エコ素材を使用したファッションや古着の活用、レンタルファッションの利用など、こういったすべてをサスティナブルファッションといい、今や主流になっていきているのです。

具体的にはじめるサスティナブルファッション

実際にサスティナブルファッションを取り入れてみたいと思ったとき、どうやって取り入れたらよいのかと悩むことはありません。何故ならもうすでに沢山のツールが世の中にあふれているからです。まず最初に見直したいのはクローゼットの中身です。沢山の衣類であふれていませんか?着られるけど着ていない衣類の活用法は、フリマアプリの利用ではないでしょうか。自分の着ていない洋服は売ってしまいましょう。特別なことではないですよね。

サスティナブルファッションを意識することでクローゼットの中身がすっきりするのは一石二鳥です。自分の持っている洋服が整理できて、新しい洋服を購入するときは、長く着られるか、同じような物をもっていないか、または環境に配慮しているブランドか、などをよく考えてから購入しましょう。また一定の料金を支払うと、プロのスタイリストが選択した洋服が送られてきて、毎月違ったお洒落を楽しむことができるという洋服のレンタルサービスもあります。

今こそサスティナブルファッションをとりいれよう

今こそサスティナブルファッションをとりいれよう

サスティナブルファッション、意外とすぐに自分に取り入れられることがわかります。ちょっと視線をかえると、今までの自分のファッションへの意識ががらっとかわります。今もっている洋服を見直すいい機会にもなるでしょうし、新しいサービスにチャレンジすることで、環境への意識も高まります。サスティナブルファッションを取り入れるということはそれだけで気分ちが良いことでしょう。

これから世界のトレンドとなる、エシカルなファッションとは

先進国のために工場で働く海外の方々

ファストファッションはブランド品と比較して、安価な金額で購入することできます。そのため需要があり多くの方がファストファッションのアイテムを購入をしています。ただ、安価な商品の背景には、発展途上国での労働問題などが発生していることも事実です。また環境汚染なども問題になっています。エシカルファッションは上記のような問題に対応する活動です。

先進国のために工場で働く海外の方々

ファッションの視点から環境と労働問題に対応する

エシカルファッションとは

エシカルファッションは人と地球環境に対応したファッションを指す言葉です。例えばファッションを通じて環境破壊問題に取り組む、不当な労働形態を考えるといった活動をします。

ファストファッションと労働

ファストファッションと労働形態は常に重要な関係にあります。海外の賃金が安い縫製工場を利用して洋服を作っているので、人件費を削減して洋服を生産することができます。エシカルファッションは上記のような低賃金労働問題を解決するものです。例えば生産者に対して適切な賃金を支払っていること、適切な労働環境を確保していることを重視した活動を行います。

環境問題にも対応するファッション

洋服を製造するにあたって製造工程によっては、環境に大きな影響を与えることがあります。洋服は綿を利用して作っています。綿を正常に育てるときには除草剤などを使用しないといけません。発展途上国では必要以上の農薬を散布する地域もあります。また綿花の加工や染色をするときに科学物質が川に流れるといったトラブルも起こります。エシカルファッションは上記のような環境問題についても考えます。環境に負担をかけない製造方法を利用して洋服を作ります。そうすることによって川などを汚染せず地球の良好な環境を維持することを目指します。

エシカルファッションは人と地球環境に対応したファッションを指す言葉です

フェアトレードについて知っておこう

エシカルファッションに取り組む際は、フェアトレードを行いましょう。フェアトレードとは生産者や労働者の生活改善を目指すものです。名前の通り公平かつ公正な貿易を行います。例えば、日本で販売されている安いコーヒーやチョコレートは、途上国で生産されたものを使用しています。安価な商品を生み出す場合、人件費を安くしたり、長時間労働をさせたりしてコスト削減をしている工場が多いです。上記のような安い賃金や長時間労働を強いられている弱い立場の労働者を守るために、フェアトレードは使われます。フェアトレードは認証ラベルが用意されていて、条件を満たしている各企業に交付されます。

エシカルファッションを行う際は、フェアトレードを行いましょう

エシカルファッションによって人と環境が救われる

エシカルファッションは過酷な労働や地球環境に配慮したファッションに取り組む作業です。フェアトレードを行い労働者に適切な環境を与えます。また地球環境に配慮した生産体制を作り、人と環境にやさしい企業を創造します。人間にも地球にもプラスになる取り組みで、有名企業でも行っている活動なので参加してみましょう。

クラウドファンディング達成しました!|READYFOR

クラウドファンディングで達成率117%・859,000円を達成!

2020年6月1日の23時をもってクラウドファンディング『炭繊維Tシャツのやさしいチカラで大切なお肌を守りたい。』は終了いたしました!

皆様のあたたかい応援、多大なるご支援のおかげで、無事達成することができました(達成率117%・859,000円を達成!)。本当にありがとうございました。

https://readyfor.jp/projects/sumi-gi/announcements

クラウドファンディングで達成率117%・859,000円を達成!

人に寄り添うサービスをつくりたい。

このプロジェクトでは、”Tシャツを拡げる”ということを、分かりやすい表現にしていますが、
その背景には、エシカル(倫理的)なものづくりを常識化することや、現在も途上国で問題となっている、低賃金化、長時間労働、児童就労などの問題を将来解決にする糸口にできないか?っという挑戦も含まれています。
また、私たちの子ども世代が、何かに”チャレンジしたい”と話した時に、私たちが経験したことを伝え、チャレンジの後押しをしたいという考えもあります。

そして、子どもだけでなく、どんな状況の方々にも、チャレンジする気持ちさえあれば、道は拓けることを、このプロジェクトで形にしていきます。

本当に偶然ですが、今回のプロジェクトスタート前に、コロナ禍が世界中で起こったということは、この考えをさらに強めるものとなりました。

次の世代のチャレンジャーたちは、新しいスタイルで、自分の人生をデザインすることができる。そういう時代になると誰もが考えたと思います。
そして、そんな時代において、大切なことは、”他人(ひと)を想うこと”であると確信があります。

私たちは、確かにアパレル業界経験におていは…未熟者です。

ただ、これまでも常に、”他人を想ったものづくり”をしてきました。

スタート前に、「Tシャツでは儲からないでしょ?やる意味が分からない。前澤(友作)さんのようになれると思っているのか?」っと。コンサルを名乗る方に言われました。

私はその言葉を聞いても、このプロジェクトを辞める気にはなれませんでした。
他人を想ったものづくりには再現性があると、体験から分かるからです。

少し時間がかかるかもしれませんが、これから私たちが展開するサービスには、そんな気持ちを込めたものをお届けするつもりでいます。

頂いたご支援を必ず形に変えます。

プロジェクト中に、大泉洋さん主演の『ノーサイド・ゲーム』を観ました。
ラストシーンに近い、西郷輝彦さん演じる、島本社長の言葉にこうありました。

「不思議だ。応援しているのは我々なのに、まるで彼らに応援されているようだ。負けるな!負けるな!そう聞こえる。あれは彼らのハカだ。マオリ族に伝わる儀式だ。私は死ぬ。私は死ぬ。私は生きる。私は生きる。見よ、この勇気ある者を。ここにいる男たちが再び太陽を輝かせる。一方へ、さらにもう一方へ、輝く太陽の中へ。きっと会社も、この国も、この先も、たくさんの困難が待ち受けている。だけど決して諦めるな。仲間と共に乗り越えよ。そう背中を押してくれているようだ。」

私たちは、プロジェクトでのコミュニケーションを通じて、皆さまから勇気とアイディアをいただきました。

プレイする姿勢で、その恩返しができるようにしよう。っと、改めて気が引き締まりました。

スタート時は、不安で自信もなかったことが、ここまで来ることができたのは、皆さまのおかげだと思います。
このプロジェクトの成功をキッカケに、夢として・目標として、企業や団体様ともタッグを組めるようにチャレンジしていきます!


Tシャツを通じ、社会に影響のあるサービスを形にするため、明日という日にボールを託すことができるよう邁進します。
今後とも皆様の応援とご支援、何卒よろしくお願い申し上げます。

sumigiのTシャツ