洋服をお直ししながら長く大切に着る方法とは?

洋服はお直ししながら長く大切に着ていきたい

あなたは洋服をどのくらいの期間着ますか。

流行の服を着たいからワンシーズンで買い替えるという方もいれば、飽きるまで着るという方、擦り切れるまで着続ける方もいるかもしれません。
本当はもっと長く着たかったけれど、体型が変わって着られなくなったという方もいることでしょう。
こうしたあらゆる事情や状況で洋服をお直ししていけば、より長く着ることができます。

自分が着なくても友人や家族などに譲ることもできるので、無理なく気軽にお直しできるサービスの存在も知っておきましょう。

高品質な服を買って長く使っていこう

高品質な服を買って長く使っていこう

普段、洋服を買う時、どのようなブランドや品質のものを買っていますか。
常に最新のものを着たいからとプチプラ系の服を買う方もいれば、人気が高いブランド服を買って飽きたらすぐに売って買い替え資金をゲットするという方もいるかもしれません。
一方、裾や袖が擦り切れるまでや穴が空くまで着尽くす方、もっと長く着たかったけれど体型が変わって着られなくなった方もいるかもしれません。

こうした時も、お直しをすることで、まだ着られる服を誰かに譲ることやご自身でより長く着続けることができます。
SDGsなどが叫ばれ、1つのものを大切にしていく価値観が見直される中、プチプラ系の服を次々に買い替えていくより、ある程度しっかりした価格のものを購入してお直ししていくのもおすすめです。

価格より品質重視で

プチプラ系の服が好きな方は、安い服を着て、高級な服を着ているように見られることが気持ち良いなどと言います。

確かに、安い服をかっこよく着こなすのも一つのおしゃれです。
ですが、プチプラ系の服が高級そうに見えるのは最初の1回か2回程度です。
一度でも洗濯すると、生地がペラペラになったり、色が落ちたり、毛玉が付いたり、形が崩れるなどし、どう見ても高級そうには見えなくなります。
どうせ安いから、1回で処分して買い替える方もいますが、見た目は弱っても、まだ着られる服を捨てるのはもったいないです。
ワンランク上の大人のたしなみとして、低価格よりも品質重視で、長く着られる服を買ってみましょう。
そうすれば、事情や状況に合わせてお直ししながら、長く着ることが可能です。

流行の服を着たいからワンシーズンで買い替えたい方は、家族や親族、友人や職場の同僚などに譲ってみませんか。
体型が違うという場合も、お直しすれば着られる可能性があります。 飽きるまでは着るけれど、すぐに飽きてしまうという方は、お直しでデザインを少し変えることやアイテムをプラスしてイメージを変えることも可能です。
擦り切れるまで着続けた方は、ほつれなどの補修を行い、さらに長く着られます。
体型が変わって着られなくなったという方は、ウエスト直しなどで着ることも可能です。

どんなことができる?

安い服をかっこよく着こなす

とはいえ、お直しでどんなことができるか気になります。
服のデザインなどにより、どのくらい生地が余っているかにもよりますが、幅広い対応が可能です。

たとえば、スラックスやズボン、スカートやワンピース、ドレスなどの裾上げや裾下げが可能です。
痩せてウエストが細くなれば詰めることができ、太ってウエストが入らなくなったら、布のあまり具合により、後ろと両脇から生地を引き出して緩くすることもできます。

スーツやコートの袖口がボロボロになったら、擦り切れた袖先の部分を少しつまんで縫いこむことで補修もできます。

ブルゾンやパーカーの袖口や裾部分に付いているリブも交換可能です。
そのほか、服の穴の補修や壊れたファスナーの交換などさまざまな修理ができます。
デザインに飽きた方やトレンドの服を着たい時は、流行のスタイルへとお直しもできます。

大きめの襟をとってノーカラーにすることや短い丈のスカートにレースなどをあしらって、ヒラヒラと可愛くしつつ丈を伸ばすこともできるのです。

どこでお直しできる?

お直しサービスは服を購入したお店なら、無料または低料金で対応してくれることが多いです。

そのほか、クリーニング店やミシン販売店などで、本業以外の事業としてお直しに対応していることもあります。
また、チェーンのお直し店もあり、仕事帰りやお買い物のついでに利用できるよう、駅ビルの一角や駅近の立地などアクセスの良いところや商店街の一角にお店を構えていることもあります。 近くにお店がない方も、あきらめることはありません。

今はお直しサービスも、オンラインショップで対応しています。
まずは服を送ってメールや電話で希望を伝え、見積もりをしてもらいましょう。
見積もりに納得がいけば、お直しに入り、完成次第、配送で届けてくれます。
洋服を送って受け取る手間と時間がかかりますが、来店サービスに比べると価格が抑えられていることが少なくありません。

まとめ

そろそろプチプラ系の服を卒業して、品質の良い服をお直ししながら長く着ていきませんか。
サイズ直しから、穴やほつれの補修、デザイン変更なども可能です。
服の販売店での対応をはじめ、関連業種のサービス、チェーン店をはじめ、お直しサービスを提供するオンラインショップもあります。

自宅でも直せる!洋服のほつれの直し方を伝授します

自宅でも直せる!洋服のほつれの直し方を伝授します

洋服を着ようと思った時、タオルを使おうと思った時にほつれができていたなんてことはありませんか。
タオルならまだしも、洋服にほつれができていたらもう着られないと思って捨ててしまう方もいらっしゃるかもしれません。
今回は洋服などを無駄にしない洋服ほつれの直し方についてご紹介していきます。

裾がほつれた場合

裾がほつれた場合​

パンツの裾がほつれてしまった場合、自宅でもできる簡単な直し方があります。
一般的に裾上げを行う際には「流しまつり縫い」をしていきます。
流しまつり縫いとは、糸が斜めになるようにして縫う方法です。

1.布地の裏側を向けながら塗っていきます。 最初は、縫いしろの内側に玉結びが隠れるようにして縫いしろの内側から縫い始めましょう。

2.はじめの針を出した部分から5mmほど斜め上、かつ縫いしろの際の部分に近い表地の織り糸を1、2本すくいます。

3.今度はそこからさらに5mmほど斜め下、かつ最初に糸を出した部分と同じ高さの位置から糸を出しましょう。

4.糸を引っ張ることで斜めの縫い目ができあがります。 ここで引っ張りすぎると布が引っ張られて仕上がりが引きつってしまうので注意しましょう。

5.1から4を繰り返すことで流しまつり縫いができます。

6.縫い終わりは、縫いしろの表側で玉止めをし、その後玉止めの根本から針を通して5mmほど離したところからまた針を出します。

その後、糸を切って布地を引っ張ると、糸の端っこがうまく縫いしろの裏側に隠れるので完成です。

ニットがほつれた場合

ニットは網目が大きめですので、どうしても何かしらひっかけてしまってほつれが起こりやすい素材です。

特にバッグや壁などにひっかけてしまうという方が多いのではないでしょうか。
応急処置として対処するなら、ニットを上下前後左右に揉むようにすると簡単なほつれであれば、ある程度きれいに目立たなくさせることもできます。
ただし、それだけではひっかけてしまったほつれは直らないことも多いでしょう。
ニットのほつれには、かぎ針がおすすめです。

1.ニットをひっかけてほつれができてしまった箇所を見ると、そのちょうど横にある網目が引きつってしまい網目が小さくなっているはずです。 この網目の糸をかぎ針ですくい、優しく引っ張ってみましょう。

2.さらに、その隣の網目の糸もかぎ針ですくって引っ張ります。 隣り合っている網目の糸を少しずつ引っ張るとほつれが出てきていた部分がうまく収まっていくはずです。

3.次にほつれていた網目の反対側も同様に、網目が引っ張られていて小さくなっている部分の糸を引っ張って、網目を少しずつ均等にします。

4.網目の調整が終わったらニットを揉んで馴染ませて終了です。 もし、ほつれがひどい場合は、これだけでは収まらないこともあるので、糸をニットの裏側に持っていって玉止めをすると良いでしょう。

デニムや綿などの衣類の生地から糸が飛び出てきた場合

デニムや綿などの衣類の生地から糸が飛び出てきた場合

こちらも同様、ひっかけなどによって衣類の生地が飛び出てきてほつれができることがあります。
この時に便利なのがほつれ補修針というものなのですが、この補修針がなくても直す方法があります。

縫い針と糸を使って直す方法

まず、縫い針と15cmほどの長さの糸を用意しましょう。

1.縫い針に、糸をまず針穴に通して、もう一方の糸の端を反対側の針穴通し、ループ状にします。

2.衣類の糸が出てきている箇所をなるべく糸をもとの状態に戻すようにするため、周りの生地を上下左右に優しく引っ張りましょう。

3.ある程度飛び出した糸が落ち着いたら、飛び出た糸の根元へ先ほど1で作ったループ状の糸を作った縫い針を差し込み、さらにそこから2cmほど先から糸を出します。

4.針を進めていく段階で縫い針に作ったループ部分が飛び出した糸の近くに来るので、飛び出た糸をループ部分にくぐらせて、ゆっくりと針を引っ張っていくと飛び出た糸が裏側へ行きます。

5.縫い針をそのまま引っ張っていくと、縫い針から糸が離れますので、最後にループ部分にしていた糸を引き抜くと、ひっかけていた部分だけ裏側に回り、表地はきれいな縫い目に戻るのです。

ほつれ補修針を使って直す方法

ほつれ補修針は、縫い針の後ろがやすりのようにざらざらした素材になっている針です。

1.飛び出た糸の根元へ補修針を差し込みましょう。

2.次に針を刺したらざらざらのやすり部分に飛び出た糸をなじませるように巻き付けます。

3.針に糸を絡ませた状態でそのまま中へ差し込むだけで、糸が裏側へ行きます。

4.裏側に糸が出ているのが気になる方は、玉止めをして完了です。

まとめ

いかがでしたか。 ほつれてしまった洋服は自宅でも簡単に直すことができます。

修繕せずにそのままの状態で着用していると、洗濯をした後などにほつれが広がってしまう可能性があります。

そのまま捨ててしまうのも大変もったいないですので、ぜひ大切な洋服は今回ご紹介した方法でぜひ修繕して着用してみましょう。

服とココロの奥深い関係

服と心の関係

あなたは、毎日着る服をどのように選んでいますか。 仕事に行くときはビシッと、デートのときは可愛くまたはかっこよく、イベントのときは華やかに、寝るときはゆったりとなど、TPOやシーンに合わせて選んでいるはずです。 TPOに合わせた服選びは実はココロにも影響を与えています。 これからは、TPOはもちろんのこと、ココロへの影響も考えて服選びをしてみませんか。

ココロと服は関係がある

ココロと服は関係がある

仕事に行く際にスーツを着ることやカジュアルな服は着ていかないのはなぜですか。
仕事モードに入れるから、仕事ができる感じがするから、スーツやジャケット着用だと安心するから、それが当たり前だと思っているからではないでしょうか。
仕事のときは仕事モードの服を着ると、安心しますし、仕事ができる感じがするものです。

一方、プライベートでは自分のお気に入りの服を着る、リラックスできるアイテムを身に着けることでしょう。
仕事から家に帰って着替えるだけでもココロが休まりますし、逆に、朝はパジャマやTシャツからスーツや仕事着に着替えることで、テンションが上がって仕事モードに入っていきます。
スポーツで試合に挑むアスリートや婚活などで勝負をかけたいときに勝負服を着ると言いますが、これもゲン担ぎであり、ココロに大きく影響しています。

この服を着ていれば、大丈夫という安心感が勇気を与えてくれるのです。

オンとオフを切り替えるために

ワークライフバランスが叫ばれていますが、オンとオフを切り替えるためにも、服を着替えることも大切です。
スーツにネクタイをビシッと締めた自分をかっこいいと思っている場合や今日はお気に入りのワンピースとジャケットで知的な私を演出できたと充実した気持ちでいても、仕事から帰ったら、仕事着を脱ぎ捨てたくなるものです。
ダボっとしたルームウェアや着心地の良いTシャツに着替えると、開放感が高まり、仕事モードは忘れてソファやベッドに寝転がりたくなります。

着替えるだけでも、ココロに影響を与えていることがわかります。
もし、家に帰ってきて、いつまでもスーツのままでいたら、ココロも休まらないのではないでしょうか。
思わず仕事のことを考えてしまったり、持ち帰り仕事をしてしまったり、出なくても良いのに仕事の電話に出てしまうかもしれません。

最近は自宅でテレワークを行う人が増えています。
通勤ラッシュに巻き込まれる必要もなく、自宅でリラックスして仕事ができて良いように思えますが、意外にストレスを溜めている方も少なくありません。
仕事に集中できない、仕事モードになれない、生活リズムが乱れる、夜遅くまで映画を見ることやゲームをして、始業ギリギリの時間にパソコンの前に座るなど、出社していたときと比べて、自分の生活がコントロールできずに悩んでいる方が多いのが現実です。
そこで、近くのカフェに出かけて仕事をすることやホテルの日帰りプランを利用して個室にこもって仕事をするなんて方も出てきています。
最初のうちは寝起きのままの服装やリラックスできるルームウェアなどで仕事をしていた方も、仕事の時間だけはスーツやパリッとした服を着るようにしているという方も増えてきました。

ずっと家で過ごすときでも、着替えるだけでオンとオフが切り替えられるとすれば、やはり服とココロの関係性は深いものがあります。

リラックスしたいときには

リラックスしたいときには

ストレス社会に生きている私たちにとって、ココロのゆとりを持つ時間は大切です。
時間がない生活を送っていたとしても、少なくとも寝る時間を確保したり、家族と食事を楽しんだり、愛犬と散歩に行ったりするのではないでしょうか。
そんなときにはココロもリラックスさせてあげましょう。
形から入るではありませんが、寝る環境や家族との団らん、愛犬と一緒というシチュエーションだけでなく、服もリラックスできるものに着替えることが大切です。
家族と団らんする時間に1人だけネクタイを締めたまま、愛犬との散歩をスーツに革靴では窮屈で十分に楽しめません。

リラックスできる服といえば、やはり、着心地の良いTシャツは定番アイテムです。
ただ、カジュアルだから、安くて汚しても平気だから、形が肩ひじが張らないデザインだからで選んではいけません。
自分が最も心地良いと感じるTシャツと出会いましょう。
人によって好みが異なりますが、たとえば、生地が厚手でしっかりした形のものが好きな方もいれば、薄めのサラリとした生地が好きな方もいます。
着心地の良いTシャツに出会えていないなら、オーガニックコットンなどのお肌に優しく、吸湿性や速乾性に優れた素材のものを選んでみましょう。
素材が変わるだけで、こんなにもココロも体もリラックスできるのかと驚くはずです。

まとめ

服とココロは自分では意識していなくても、驚くほど影響を与えています。
オンとオフを切り替えるには着替えることも大切です。

リラックスしたいときには、着心地の良いTシャツをセレクトするなど、ココロに心地良いアイテムを選びましょう。

Tシャツの寿命はどれくらい?長持ちさせる方法とは?

24380492_s

Tシャツといえば、服の中でも特に多くの人が着ているアイテムだと思います。皆さんも、お気に入りのTシャツは必ず1枚や2枚はあるのではないでしょうか。今日はそんなTシャツについての寿命や、寿命を長持ちさせるコツについてお話したいと思います。

Tシャツの寿命はだいたい1年

気になるのはTシャツの寿命ですよね。着回しの回数にもよりますが、Tシャツの寿命はだいたい1年程度といわれることがあります。ただし、洗濯方法だったり、何をもって寿命とするかによっても、かなり変わってきます。

寿命の判断基準

寿命の判断基準はだいたい以下のようなものです。

よれてないか

とくに寿命の判断基準となるのが、Tシャツがよれていないかという点です。やはりよれてしまっていると、なかなか外には着ていきづらいですよね。

プリントは傷んでないか

プリントの傷み具合は場合によっては味になりますが、しかし綺麗なものだとプリントの剥がれや痛みはどうしても目立ってしまいます。

色落ちしてないか

Tシャツも色落ちしてきます。また白いTシャツだと色褪せることがあります。もちろん、そのままでも着れるものもありますが、服が傷んでいる目安としたいですね。

寿命を長持ちさせるコツ

Tシャツの寿命を長持ちさせるコツについてお伝えします。

家では部屋着に

服はものとの摩擦などで消耗します。そのため、出来るだけ着ないことで寿命を長持ちさせることができます。楽だからと家に帰っても着たままでいると、その分寿命が縮みます。

洗濯ネットにいれる

洗濯をする時は、洗濯ネットにいれることで痛むのを防ぐことができます。Tシャツはわりと丈夫だと思われがちですが、プリントなどの剥がれも防止できます。

陰干しをする

Tシャツは実は色褪せが起こりやすいので、可能であれば陰干しがベストです。また乾燥機などで高温で乾かすことも出来るだけ避けましょう。

手洗いも

装飾があったり、プリントが剝がれやすいものは手洗いもありです。手洗いはよれ防止にもなります。

干す時は裏返し

干す時は裏返しにしておくと、色褪せ防止になります。紫外線はTシャツを変色させる原因になります。

着回しをしよう

同じTシャツをずっと着ているとその分痛むのも早くなります。そのため、何枚かを着回しすることを意識すると、数年単位で持たせることができますよ!

お気に入りの服を10年長持ちさせる【今日から出来る簡単ケア】
お気に入りの服を10年長持ちさせる【今日から出来る簡単ケア】
お気に入りの服は、少しでも長く着たいと思いますよね。ただ、着回す回数も多いからこそ、服が傷んでしまうという悩み…

丈夫なTシャツを買うのもあり

Tシャツを着こなしていきたいけど、寿命が早いのはどうもいただけないという方は、始めから丈夫なTシャツを買うのもありです。炭繊維編み込んだTシャツであるsumigiなら、ハードな利用にも耐えられます。丈夫で長持ちするTシャツが欲しい方はぜひ一度お試しください。

sumigiのTシャツはこちら

服の寿命はどれくらい?長く着回すコツや捨てるタイミングは?

Averagelifeeyecatch

服を着ていると気になるのが、服の寿命ですよね。一体どれくらいの長さ服は着ているのか、どんなタイミングで捨てるのか。そしてお気に入りの服を出来るだけ長く着こなすコツを知りたいという方も多いはず。本記事では、服の平均寿命、着回しの期間など、服との付き合い方をお伝えします。

10年先も着れる服!丈夫で愛着が持てるレディースにもおすすめのブランド5選
10年先も着れる服!丈夫で愛着が持てるレディースにもおすすめのブランド5選
10年先も同じ服を着ていたい。自分が長く愛着を持てる一着やブランドと出会いたい。洋服好きならそんな願望を持った…

服の寿命は

衣服に関する実態調査

果たして、洋服はどれくらいの期間来ているものなのか、そんな調査を探したところ、ありました。花王による全国調査で、20代~50第の男女1000人に聞いたところ、洋服の寿命は4.9年という結果になりました。洋服別ですと、以下の様な結果がでております。

  • ウールコート 5年
  • ダウンコート 3~4年
  • ジャケット 3年
  • ニット 2~3年
  • デニムパンツ 2年
  • Tシャツ 2年
  • スウェット 2年
  • 下着類 2年

ただし、こちらは保管方法や着る頻度、場面、メンズ、レディースといった違いで大きく変わるものだと思うので、あくまでも目安として考えてもらえたらと思います。

Tシャツの寿命はどれくらい?長持ちさせる方法とは?
Tシャツの寿命はどれくらい?長持ちさせる方法とは?
Tシャツといえば、服の中でも特に多くの人が着ているアイテムだと思います。皆さんも、お気に入りのTシャツは必ず1…

ファストファッションの寿命は短い?

洋服の寿命については、ブランドによっても当然変わってきますが、やはりファストファッション系は短いと言われています。ユニクロやGU、プチプラ、しまむらなど、やはりブランドの中でも低価格帯のものは寿命が短い傾向があります。無印良品などは中流に位置し、一般的に言われるハイブランドは寿命が長いといった印象があります。

洋服を捨てるタイミング

では、洋服を着なくなる、捨てるタイミングにはどういったものがあるでしょうか。

傷んできた

洋服を捨てる1番の理由としては、洋服が傷んできたということが一番多いのではないかと思います。日常着るだけでも洋服は少しずつダメージを追っています。また、シミ、黄ばみ、虫食いなども捨てる理由となります。

体形に合わない

ライフスタイルが変わると体形も変わります。コロナ過でついうっかりコロナ太りしてしまって、洋服が合わない。なんて方もいるのではないでしょうか。

着なくなった

昔はあんなにローテーションしてたのに、いつの間にか着なくなった。または、買ってからほとんど着ていないといった洋服があるという方はいませんか。着なくなった服は、傷んでなくても捨ててしまう方も多いです。

風水でみたら運気が悪い

実は服を着る人の中には、風水などスピリチュアルな要素で判断する人もいます。特に風水では、穢れという要素があり、1年ほどで穢れが溜まると言われており、そういった要素で判断して捨てるという方もいるようです。

流行が終わった

買った時は流行ってたけど、今はトレンドが終わった。トレンドが終わった服って、ぱったりと着なくなるから不思議ですよね。またトレンドが来れば着るようになる場合もありますが、捨てるという方が多いです。

洋服を長く着回すコツとは

では、そんな洋服を出来るだけ長く着回すコツにはどういったものがあるでしょうか。

着る間隔を空ける

お気に入りの服はついつい毎日きたくなりますが、着ているとそれだけ痛むのも早くなります。洋服を着る間隔を出来るだけ空けるようにすることが大切です。

洗濯方法に気を付ける

洗濯は必要ですが、洋服が最も傷む原因でもあります。お洒落着などは手洗いやクリーニングを活用する、色物は分けるなど、洋服に合わせた洗濯方法をとることで、洋服も長持ちします。

保管方法に気を付ける

意外とないがしろにしてしまいがちなのが、洋服の保管方法です。防湿、防虫、そしてしわにならないようしっかりと保管することで、洋服は長持ちします。

流行が終わったらリサイクル

洋服は流行や着るタイミングがありますよね。もうしばらく着ないな、と感じた服はアプリやフリマで売って次の服を買う軍資金に回しましょう。お財布だけでなく地球にも優しいです。

お気に入りの服を10年長持ちさせる【今日から出来る簡単ケア】
お気に入りの服を10年長持ちさせる【今日から出来る簡単ケア】
お気に入りの服は、少しでも長く着たいと思いますよね。ただ、着回す回数も多いからこそ、服が傷んでしまうという悩み…

まとめ

洋服は大切に着ればそれだけ長持ちします。ちょっとしたケアをするかしないかで寿命に大きく影響するものです。ぜひとも本記事を参考に、好きな服と長いお付き合いを続けてくださいね!

洗濯物のお悩みが解決できる!おすすめ洗濯時短グッズ4選

平干しネット

洗濯はただ洗うだけではなく、干したり取り込んだりといった作業も行わなければいけません。
しかもそれらを毎日繰り返すとなると、負担もかなりのものです。
できれば少しでも時短して負担を軽減したいところですよね。そこでこの記事では、洗濯を時短できるおすすめのグッズを4つご紹介します。
これさえ読めば今日から洗濯物のお悩みを解決できちゃいますよ。

洗濯機を回す前にちょっとした一工夫

洗濯機を回す前にちょっとした一工夫

2段or3段の洗濯カゴ

洗濯を時短する上で欠かせないのが洗濯物の分別です。一見すると分別せず一気に洗濯してしまった方が短く終わるんじゃないかと思いがちですよね。でも洗濯物を分けないで洗うと汚れや色が他の洗濯物に移ったり、服が型崩れしたりといった悪影響が生じてしまうんです。そうなると再び洗い直す必要性が出てくるため、時短どころの話ではなくなります。こんな時に役立つのが2段以上の洗濯カゴなのです。段になっていれば余計なスペースを使わずに済みますし、洗濯物の出し入れもしやすくなります。あまり段を増やしすぎると逆に使い勝手が悪くなるので、多くても3段くらいにしておいた方がいいでしょう。例えば1段目に汚れやすい靴下やシャツ、2段目にそれほど汚れていない衣類、3段目には糸くずが出やすいタオル類を入れ、順番に洗濯していきます。すると綺麗な仕上がりとなり、2度洗いをする手間も省けるため、結果として洗濯の時短となるわけです。

洗濯ボール

洗濯機の中で洗濯物が絡まってイライラした経験はありませんか?洗ったばかりの洗濯物にヨレやシワができていると本当にガッカリしますよね。実はこの悩みを簡単に解消できる魔法のようなグッズがあるんですよ。それは洗濯ボールという名のアイテムで、洗濯物と一緒に洗濯機の中に入れて洗濯をすると、洗濯槽の水の流れが良くなって様々な恩恵を受けられるのです。洗濯ボールにはいくつかの種類があり、それぞれ効果が異なります。洗濯物の絡まりを解消したい時はゴムタイプ、ペットの毛や糸くずなどを絡め取りたい時はスポンジタイプ、そして衣類の油脂分を効率的に取り除きたい時にはセラミック・マグネシウムタイプの洗濯ボ―ルが適しています。

私が日頃から愛用しているのはゴムタイプの洗濯ボールで、これを使い始めてから洗濯機の中で洗濯物が絡まることがほとんどなくなりました。洗い上がりの洗濯物を洗濯機からスルスルと取り出せる快感を一度味わってしまうと、もう元には戻れないでしょう。それくらい洗濯時のストレスがなくなり、おまけに時短にもなっちゃう優れものなんです。コツとしては、洗濯物の数に応じて投入する洗濯ボールの数も増やすことです。ボールは一般的に4~5個のセットで販売されているので、通常はそれらすべてを入れてしまって問題ないと思います。逆にボールの数が少ないと期待する効果が得られない場合もあるので、少し多いくらいでちょうどいいでしょう。

あれだけ辛かった洗濯物を干す作業が一変するグッズ

あれだけ辛かった洗濯物を干す作業が一変するグッズ

ピンチハンガー

洗濯物を「洗う」工程は機械が全自動で行ってくれますが、「干す」と「取り込む」作業は自分でやらなければいけません。この2つの作業は少々面倒なので、億劫に感じてしまう人も少なくないのではないでしょうか。この「干す」と「取り込む」を手短に済ませるために用いられるのがピンチハンガーです。ピンチハンガーといってもたくさんの種類があり、一体どれを選べば時短になるのか分かりづらいですよね。そこで私が実際に使ってみて良かったピンチハンガーをご紹介します。それはピンチのつまみにローラーが付いているタイプのピンチハンガーです。干した洗濯物を軽く引っ張るだけでスルッと外れるため、一気に取り込むことができてしまいます。また、つまみの開き具合もスムーズなので、干す時にストレスを感じることもありません。「干す」と「取り込む」作業がピンチハンガーを変えるだけでこんなに楽しくなるとは思いもしませんでした。

平干しネット

いくら干しやすいピンチハンガーだったとしても、靴下などの小物を一つずつピンチに挟んでいくのは面倒くさいという人もいるかと思います。そんな人におすすめなのが平干しネットです。平干しネットなら靴下や小物を広げて並べるだけで干せるので、大きな時短になりますよ。また、平干しネットはセーターやニットといった型崩れさせたくない衣類を干すのにも最適です。最近では折りたたみ式の2~3段ネットもあるので、場所を取らずにより多くの洗濯物を干すことができます。ネットが平になっているため、ぬいぐるみなどの大きな物を干す時でも安定していて、風で落ちる心配もありません。ぬいぐるみ好きの私には大変役立っています。小さなお子さんがいる家庭でもきっと重宝するのではないでしょうか。

洗濯時短グッズで日々の生活を豊かにしよう!

普段何気なくしていた洗濯も、洗濯グッズを使ってちょっとした工夫を凝らせば簡単に時短できてしまうんです。それと同時に毎日の洗濯に感じていた心身の負担もグッズによって軽減されるでしょう。今回紹介した洗濯グッズはどれも数千円と安価で手に入る物なので、今からでも自宅の洗濯に取り入れてみてはいかがでしょうか。その快適さを味わってみてくださいね。

「スタイリング」と「コーディネート」の違い

「スタイリング」と「コーディネート」の違い

「スタイリング」と「コーディネート」、この2つの言葉の意味についてはあいまいな部分があり、日本の服飾・美容業界において様々な解釈があります。各自の考え方による部分があるため、どれが完全な正解とは言えない部分がありますが、アパレル業界で長い経験がある筆者が独自視点で解説・分析していきたいと思います。

パーソナルカラー × スタイリング
パーソナルカラー × スタイリング
肌の色合いや雰囲気によって、似合うパーソナルカラーは違うもの。ぱっと見の印象を左右する服には、いっそうその差が…

「スタイリング」と「コーディネート」の違い

基本的に「スタイリング」は他人によるもので「コーディネート」は自分で行うもの

「スタイリング(Styling)」、「コーディネート(Cordinate)」とは両方とも外来語であり、意味合いはそれぞれの国・地域によって違いがあると言われます。

スタイリングとは

例えば、スタイリングは”スタイリスト(Stylist)”という職業と密接な関係がある語句ですが、日本ではスタイリストと言うと、タレントや歌手・女優の衣装のプロデューサー的な立場の人を指します。そして、スタイリストは様々なブランドのプレスルームとコンタクトをとり、衣装のリースを依頼する事などを仕事にしますが、基本的に自分では服のデザインをしません。また、スタイリストが服装だけでなく依頼者の髪型や化粧などを総合的にスタイリング(プロデュース)する場合もあります。美容室などでも、髪の毛をセットしてもらうことをスタイリングと言ったりしますね。

それに対して、フランス語でStylistを意味する”styliste(スティリスト)”は完全にプレタポルテ分野で活動するファッションデザイナーの事を指します。ジバンシィ創業者がO・ヘップバーンの衣装をプロデュースしていた例などはあるものの、基本的にスティリストはデザイン専業者で日本におけるスタイリスト的な活動は行いません。

色々とあいまいな部分があるものの、日本における共通認識として「スタイリング」は”他人のプロデュース”との関連が深い語句と言えます。

コーディネイトとは

それに対して、「コーディネート」は”セルフプロデュース”との関連が深い語句です。具体的に言うと、日本でスタイリングとは着用者のイメージや体型・髪型・着用する場面に合わせて、他者が着用者の服装をプロデュースする行為の事を指します。一方、コーディネートは着用者が自宅のワードローブの中から、自分のアイデアでその日に着用する服を自分で選ぶ行為という認識をもたれています。

また、ファッション業界では特に、洋服などを選んだ段階をコーディネートとし、それを実際に人が着る段階でスタイリングとするといった見方もあります。コーディネイトは、スタイリングよりもより客観的な意味合いが強い言葉だといえます。

自分で服を選ぶ事・他人に選んでもらう事のメリット・デメリット

自分が着ていく事を他人にプロデュースしてもらう事、自分でプロデュースする事には、それぞれメリット・デメリットがあります。まず、プロや優れたファッションセンスをもつ人に自身の衣装をプロデュースしてもらえる環境にあれば、他人から見て最大限に魅力的な服装で日々を過ごせます。

それによって仕事に好影響があったり、魅力的な恋人をゲットする事につながる事もあるでしょう。ただし、誰かに自身の服装や髪型などをスタイリングしてもらう事を決めてプロのパーソナルスタイリストを雇うとなるとかなりのお金がかかります。また、おしゃれで他人をプロデュースするのが得意な友人・知人に服装などのスタイリングをお願いするとしても、頻度によっては無償での依頼はしにくいものです。そのため、ご飯を奢ったり少額の報酬を支払ったり、少なからずコストがかかってしまう事はデメリットと言えます。

それに対して、日常の服選び・大切な日の服選びを完全に自分で決めてコ―ディネートするのであれば、お金はかかりません。ただし、センスのない人がコーディネートに苦戦・格闘していると余計な時間をとられてしまいます。また、ファッションセンスがないのに無理して自分でコーディネートする事にこだわると、大切な日に服装が原因で何らかの失敗をしてしまう恐れもあります。心配な人は大切な日の服装のみ、他人に自身の服装を他人目線で完璧にスタイリングしてもらうのも良いでしょう。

ファッション誌の着回し企画やコーディネート投稿サービスに注目

自分で服を選ぶ事・他人に選んでもらう事のメリット・デメリット

2020年代に入ってから世界中でアパレル商品の大量廃棄が大きな問題になってきており、一人一人が一度買った服を長く着続ける姿勢が求められています。また、2020年に新型コロナ問題が発生して断続的に経済が不安定な状況が続く中、節約のためにも新しい服をやたらと買わずに既存の服を上手に着回す事も大事と言えます。ただし、ファッションセンスに自信がない人が、「あの人、同じ服ばかり着ている!」と気づかれずにうまく毎日のコーディネートを完成させるのは簡単ではありません。

そんな時に是非参考にしてもらいたいのが、いまや日本の女性ファッション誌の定番企画となっている「着回しテクニック」の特集です。これらの特集ページでは10点から15点のアイテムを使い、半月もしくは1か月という期間の中での、絶妙なアイテムの組み合わせを紹介しています。

1990年代前半のバブル崩壊以降、日本の経済に勢いがなくなった中で各女性ファッション誌は、日本の女性達を救うために着回し企画に力を入れてきました。各誌において着回し企画が好評を博す中で競争か激しくなり、その中で各編集部スタッフのスタイリング能力もどんどん向上していきました。つまり、日本の女性ファッション誌の着回し企画のアイデアは相当レベルが高いため、少ない服を上手に着回したい場合は自身の年齢に向けた雑誌を買って参考にすると良いでしょう。その他、ZOZO社が展開するコーディネート投稿サービス「WEAR」にて、好みのブランドが被るおしゃれユーザーを探しだし、その人のコーディネートを参考にするのもアリです。

誰でも着回し上手な人になれる時代

他人に毎日の服装をスタイリングしてもらうというのは一般職の人々にとって現実的な事ではありません。地球環境に優しく・お財布にも易しい生き方が求められる中、自分で着る服は頑張って自分でうまくコーディネートする事が望ましいと言えます。しかし従来の雑誌に加えてWEBサービスを上手に活用すれば誰でも着回し上手な人になれる時代になってきていますので、心配はいりません。

メンズにおすすめのサステイナブルファッションブランド7選を紹介

ethcal-mens

サステイナブルという言葉を巷でよく聞くようになりましたよね。サステイナブルとは持続可能な、という意味です。特にファッション業界では、以前から環境への影響が問題となっていました。

毎年大量に廃棄される服、海外労働者の問題や、大量の汚染水・・。そういった背景もあって、いまや多くの企業が、地球環境に配慮したサステイナブルファッションに取り組んでいます。今日はそんなサステイナブルファッションの中でも、メンズにおすすめしたいブランドを厳選しました。

A.P.C(アーペーセー)

A.P.C

アーペーセーは、1987年創業で、メンズブランドとしてスタートしました。ブランドのテーマは、フレンチベーシック。機能的でありつつ、ストリートのスタイルも取り入れ、個性を引き出すデザインが魅力です。シンプルですが飽きの来ない形や色。オン、オフどちらでも使えるアイテムも多く、多様な人に支持されています。また、製品には代替レザーを用いたバッグラインをスタートするなど、サステイナブルな取り組みにも惜しみなく力を注いでいます。
A.P.Cのアイテムはこちらから

Everlane(エバーレーン)

Everlane
Everlane

Everlane(エバーレーン)は、2011年にスタートした、EC特化型ブランドです。カシミヤやウールを使用したニットやピマコットンで仕上げたトップス、シューズ、アンダーウェアなど、幅広いアイテムをメンズとウィメンズ向けに展開しています。Everlaneは、透明性を強く意識しており、輸送費なども含めたコストを明示するという斬新な取り組みを行っています。Everlaneは私達に、ファッションだけでなく、この地球を守っていくという顧客体験を与えてくれます。

Everlaneのアイテムはこちら

DESCENTE(デサント)

DESENTE(デサント)

DESENTE(デサント)は、日本のスポーツウェアブランドです。スキー、スイム、サイクリングなど、スポーツに特化した製品を展開しながらも、オールシーンで着用できるデザインになっています。 DESCENTE(デサント) は、RE: DESCENTEというプロジェクトで、環境保全に関わる取り組みを行っています。服を服へ生れて変わらせる取り組み、自然由来の素材を使った取り組みなど、多くの革新的なアクションに挑戦しています。

DESCENTE(デサント) のアイテムはこちら

Banana Republic(バナナ・リパブリック)

Banana Republic

Banana Republic(バナナ・リパブリック) は、アメリカのファッションブランドです。1978年創業、汎用性の高いワードロープなど、高いデザイン性の中でも様々なシーンで着こなせる製品が揃っています。 Banana Republic は、創業当初から、古着を再生しアレンジするということを行ってきたブランドで、節水技術を採用するなど、サステイナビリティの促進に高い関心をもっているブランドです。

Banana Republic(バナナ・リパブリック) のアイテムはこちら

sumigi

sumigiは、「「着る」ことを通し心豊かな暮らしを送る」をコンセプトに作られたブランドです。希少な天然のコットンと炭を使用し作らたアイテムは、非常に丈夫で長い間着ることが出来ます。大量消費が問題となったアパレル業界において、長く付き合っていける、本当に愛着が持てる1枚がsumigiならみつかるかもしれません。

sumigiのアイテムはこちら

tennen(テンネン)

tennen

tennenは、全てが土に還る服をコンセプトに作られたブランドです。服そのものに限らず、ボタンやネーム、そして縫い糸でさえも、自然に還るように優しい素材で出来ています。tennenは、ユーザーや生産者だけでなく、地球までもがハッピーになるように、ものづくりに取り組んでいます。

tennenのアイテムはこちら

Garment Lab

Garment Lab

Garment Labは、最高のファッション体験を通じて、サステイナブルな社会の実現を目指す、メンズファッションブランドです。販売チャネルをインターネットのみとし、コストをかけず、その分質の高い商品を開発しています。ファッションにも地球にも優しい世界を目指すGarment Labの世界をぜひ体験してみてください。

Garment Labのアイテムはこちら

10年先も着れる服!丈夫で愛着が持てるレディースにもおすすめのブランド5選
10年先も着れる服!丈夫で愛着が持てるレディースにもおすすめのブランド5選
10年先も同じ服を着ていたい。自分が長く愛着を持てる一着やブランドと出会いたい。洋服好きならそんな願望を持った…

おすすめの国産・海外エシカルファッションブランド15選!
おすすめの国産・海外エシカルファッションブランド15選!
最近注目されているSdgsという言葉、実はファッション業界にとっても重要な意味を持ちます。アパレルは、「世界で…

【洋服の適正量】世の中の女性は何着服を持ってるの?

clothvolumeye

最近ミニマリストや断捨離という言葉が流行っていますよね。出来るだけ持たないことがお洒落。そんな流行感じられるファッション業界。そこで今日は、世の女性は一般的に服を何着くらい持っているものなのか、また少ない服での着回し、収納術など、ミニマムにお洒落を楽しむ方法まで紹介したいと思います。

洋服の適正量はどうやって決まる?

洋服を何着もっているか知る前に、洋服の適正量を知る必要があります。これは自分が適切に管理できる量できまります。例えば、持ってはいても、タンスの中に眠りっぱなしになり、ケアを出来ていないとしたら、自分の中で適正量を超える洋服をもっている可能性があります。

一般的には、一人が管理できる洋服の量は、100着と言われているそうです。もしこれより多く持っていたら、あなたにも管理出来ていない服があるかもしれません。株式会社デファクトスタンダードの調査によると、クローゼットの中にある洋服は平均して65着という結果がでています。

周りの女性はどれくらい洋服をもっている?

インターネット上で、皆さんがもっている洋服について調査した結果、服によってかなり幅があることがわかりました。

全てのシーズントータルでトップス48枚、ボトムス24枚、ワンピース19枚、ジャケットなどのアウター類15枚
トップス30~40ボトムス20ワンピース5アウター5
ダウンコート5着トレンチコート4着トッカワンピ5着スカート20着くらいトップス50位
トップス100以上パンツ50くらいスカート20
総数80着
ワンピース91カーディガン32ブラウス22その他のトップス86スカート33
パンツ15アウター19浴衣 14着物 5パーティードレス 5
トップス20着ボトムス8着アウター6着ワンピース1着
トップス75、ボトムス35、ワンピース20、アウター15
トップス72着ボトムス31ワンピース7アウター12

ガールズチャンネル

洋服をもっている量の平均を調査しました。

cloth-volume1

というわけで、sumigiでも世の中の女性がどれくらい洋服を持っているのか、ネット上の情報からとはなりますが調査を行いました。

トップス

トップスは上半身に着る洋服の総称です。コートなどはアウターとして分類していますが、それ以外の上着ですね。トップスの平均値ですが、57着となりました。最大は118、最小は8。大幅に差がありますね。

ボトムス

ボトムスは、下半身にきる服です。スカートとパンツはまとめて集計しました。ボトムスの平均値は26着。最大は70、最小は5となりました。

ワンピース

ワンピースは改まって説明はいらないと思いますが、上下が一つなぎの洋服ですね。ワンピースの平均は20着です。最高は91、最低は1でした。

アウター

アウターは、コートなど1番上に羽織る服の総称です。アウターの平均値は12着、最大は32着、最小は3着でした。やはりアウターは一番少ないですね。

全体の平均は116着

clothvolume
ネット掲示版やTwitterなど12名の方のデータより調査

また、洋服全体でみると116着となりました。最少は26、最大は274着。274着となると、芸能人レベルですよね。大分広い家がないと家が洋服だらけになってしまいそうです。

クローゼットはすっきりさせて、お気に入りの服だけ残す方法

clothvolume2

クローゼットが着ない服であふれて整理したい。ただ、お気に入りの服は残したい方法が知りたい!この記事を読んでいる読者の方の中には、そんなわがまま(?)な欲望を持っている方もいるはず。そこで今日は、お気に入りの服を残していらない服を断捨離、クローゼットをスッキリさせる方法を教えます。

まずは持っている服を把握しよう。

まずは自分が持っている服を把握します。ここが一番大変な作業ではありますが、この作業なくして断捨離はできません。分け方としては、アウター、トップス、ボトムス、ワンピースなど4つ、または5つくらいに分かれるようにするといいでしょう。

分けるのが大変、という場合は、洋服を分ける、クローゼット管理アプリなどを使ってもいいかもしれません。

着てる服、着てない服に分ける

すべての洋服を出し終わったら、ワンシーズンで着てる服、着てない服に分けます。ここは機械的な作業になります。コツは1年以内で判断して分けること。一昨年着ていて昨年着ていない服は容赦なく着てない服にわけましょう。

着てない服を処分する

ここからが気合のいる作業ですが、着てない服は、ずばり処分しましょう。ここ1年の間に着てない服は、着る確率がかなり低いです。私達が日常出来るのは多くても10着というデータもあります。もし残しておいても、今後二度と着ない可能性は大きいです。

また、処分方法ですが、普通に資源ごみとして出すのもいいですが、メルカリなど、フリマアプリを利用して販売してみるのもお勧めです。

シンプルに、お洒落に暮らす

さて、今日は洋服の適正量についてお話しました。おそらく多くの方が、服を持ちすぎているのではないでしょうか。今は大量生産、大量消費の時代ですが、そのつけが地球に回ってきていますよね。シンプルに、ミニマムに暮らすことは、私達自身の負担を減らすだけでなく、地球の負担を減らすことにも繋がります。ぜひ皆さんもシンプルライフを楽しんでくださいね!

心地良いミニマルライフ!持たない暮らしを服から始める
心地良いミニマルライフ!持たない暮らしを服から始める
スマホの普及であふれる情報にストレスを溜める方が増えています。モノにあふれかえった部屋にいると、知らず知らずス…