曇りや雨の日でも早く乾かせる!服の効率的な干し方・時短術をご紹介

雨の日など部屋中が干した洗濯物

乾燥機が無い家庭では、洗濯した服を如何に早く干すかが重要な問題です。特に、外で遊んで服を汚しやすい子どもがいる家庭では、洗濯物を効率的に短時間で乾かさないと、雨の日など部屋中が干した洗濯物だらけになってしまうでしょう。でも、様々な工夫をすれば、服を効率よく乾燥させる干し方があります。衣類を生乾きさせることなく、上手く干す方法を紹介しましょう。

雨の日など部屋中が干した洗濯物

干す前のちょっとした工夫で早く乾かす

晴れた日なら、洗濯機で脱水した後そのまま物干し竿に洗濯物を干して日光にさらせば、問題なく乾くでしょう。しかしながら、雨の日や梅雨のシーズンなど湿度の高い時は、室内で上手く乾かす方法が必要です。

脱水した後何の処置もせず室内に干したら、室内の湿度が上昇し、ジメジメして不快指数が増すうえ、なかなか洗濯物が乾きません。乾いたとしても生乾きになってしまうことがあります。ここで、ちょっと手間をかけて湿気を取り除くことで、洗濯物はぐっと早く乾くようになります。

[sc_blogcard url=”/laundry-reduce/”]

厚手の衣類

まず、厚手の衣類は乾いたタオルに包んでよく揉み絞るようにすると、タオルに洗濯物の水分が吸収され、干した後の乾燥時間を短縮することができます。この方法では、水分を含んだタオルも干さなければならないため、干す物が増えるという短所があります

ズボン・ワイシャツ

また、ズボンやワイシャツなどアイロン掛けの必要な衣類は、脱水後にすぐアイロンを掛けると良いでしょう。アイロンの熱で洗濯物の水分を蒸発させることが可能です。アイロンを利用する際には、加湿機能をオフにすることを忘れてはいけません。

靴下・手袋

靴下や手袋などを早く乾燥させたい時は、ヘアドライヤーの熱気を内側に当て、湿気を取り除くことも有効です。ただし、局所的に加熱しすぎると、衣類を傷めたり、ヘアドライヤーの故障の原因になったりするため、長時間の使用はおすすめできません。

洗濯物を干す前に施すべき工夫

洗濯物を干す際の注意点

こうした衣類を室内に干す際には、除湿機を稼働させた狭い部屋に干すと生乾きにならず、早く乾燥できるでしょう。浴室隣の脱衣所等のスペースに洗濯物を干して、6畳から8畳用の除湿機を作動させれば、一晩で1家族分の洗濯物を乾かすことができます。

除湿機は除湿により生じた水をタンクに貯める方式が多いですが、狭い部屋に洗濯物を干すと大量の水分を除去するため、洗濯物全部が乾かないうちにタンクが満杯になって、作動が自動的に止まってしまうことがあります。

こうした事態を防ぐためには、タンクに繋がるパイプにホースを装着して風呂場に水を流すなど工夫が必要です。除湿機のタイプにより、こうした対応ができないものもあるので、購入の際には注意しましょう。なお、生乾きを防ぐには、抗菌作用の強い部屋干し用の洗剤を使うことをおすすめします。

生乾きを防ぐには、抗菌作用の強い部屋干し用の洗剤を使うことをおすすめします。

洗濯物を干す際には、干す前と後の工夫をして生乾きを防ごう

大量の洗濯物を干しても、上手く乾燥できずに生乾きの不快な臭いが残ってしまったら、全てやり直しになってしまいます。短時間で効率的に洗濯物を干すには、干す前と後の両方のケアが欠かせません。タオルやアイロンを利用して可能な限り水分を除去した後、除湿機などを稼働させた部屋で干して、生乾きを防ぎましょう。

間違えないクリーニング屋さんの選び方

クリーニング屋の選び方

お気に入りの衣類を美しく、そして長く着続けるためには、日々のお手入れが重要です。家庭の洗濯機では処理しきることができない衣類は、クリーニング店へと依頼することになるのですが、クリーニング店も種類が色々あってどの店がいいのかわからなくなりますよね。

価格や洗える品物、納期など、様々な要素があります。今回は、そんなクリーニング店の選び方について、大切な洋服を預けるのにベストな選択をするためのポイントや、クリーニングを安くお得に使う方法を解説します。

クリーニング屋の選び方

クリーニング店で確認するポイント

クリーニング店を選ぶ際には、多くの人が自宅や職場からの距離や価格などから選びます。もちろんこれらのポイントもクリーニング店選びに重要です。料金が高ければ、日常的に使うことができず、店舗の位置が悪く利便性が悪ければ、使い勝手が悪くなってしまいます。

納期なども含めて、使いやすいクリーニング店選びは重要ですが、そのほかにもクリーニング店選びのポイントはいくつかあります。そのひとつが、クリーニングに関する知識があり、しっかりとした説明を受けることができるかどうかということです。

クリーニング店の種類

クリーニング店には、主に以下のような種類があります。

チェーン店店舗では受け渡しのみ。工場に集めてクリーニング
個人店工場一体型。地域密着
取次店店舗はなく、収集、宅配のみ
ネット宅配ネットから宅配

チェーン店

チェーン店は文字通りいくつも店舗を持ち、全国的にクリーニングを展開している店舗です。サービスや料金などが一定であり、
また、薄利多売のため価格が安い
。店舗には工場はついておらず、店舗から専用の工場に品物を運んでいるというパターンが多いです。

個人店

個人店は、地域に2、3店舗などの規模で小さく経営している地域密着型の店舗です。工場と店舗が一体になっている場合が多く、
価格はチェーン店より高くなりがちですが、店舗の販売員はクリーニングに関する知識を持っていることが多いのが特徴です。

取次店

取次店は、店舗を持たずに車などでルートを周っているようなクリーニング店をさします。店舗を持たないため価格や安くなる傾向がありますが、ドライバーはクリーニングの知識がない場合も多いです。

ネット宅配

ネット宅配では、インターネットでクリーニングする洋服を回収、事業者がクリーニング後に配送する形になり、事業者とのやり取りはありません。好きな時に使えるというメリットがありますが、事業者とは顔を合わせないため、細かい注意点などは伝えられないデメリットがあります。

クリーニングの用途で使い分けよう

クリーニング店は色々特徴があります。なので、クリーニング店は用途によって使い分けるのがお勧めです。クリーニングの知識という点では、工場と店舗が隣接しているクリーニング店が一番優れています。そのため、特殊なクリーニングだったり、染み抜きなどを頼むには安心です。

反対に、ワイシャツや普段使いの服であれば、チェーン店や取次店の方が安く便利に利用できます。また、連絡先がしっかりとわかるということも重要なポイントです。シミ残りや色移りなど何らかのトラブルが起きた際に、苦情を申し立てることができる連絡先が記載されている店舗は信頼できるでしょう。

クリーニング技術を見極めよう

クリーニング店の技術の良し悪しは、受付の段階や一度の依頼でわかるものではありません。そのため、基本的には長い目で良いクリーニング店なのかを確認する必要があります。

チラシや看板にできるメニューが書かれていても、満足のいく技術なのかどうかわからないので、はじめはワイシャツなど簡単なものを依頼して技術を確かめてみることが必要です。

一度クリーニングを依頼し、汚れはしっかりと落ちているのか、生地の傷みや縮みはないのか、そしてにおいが残っていないかを確認するとよいでしょう。技術に関しては、クリーニング業界において技術や安全性を保証するマークなども存在しています。

クリーニング屋で使われていたアイロン

マークで品質を判断しよう

また、クリーニング業界にはいくつかの規格があり、規格のある、なしでクリーニングの品質を考えることができます。

クリちゃんマーク

kuri_logo
クリちゃんマーク

クリちゃんマークは、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の組合加盟店に発行されるマークです。クリちゃんマークがついているお店は、万が一トラブルが起きた際、クリーニング事故賠償基準に基づいてトラブル処理をしてくれるので安心です。

LDマーク

LDマーク

LDマークは、全国クリーニング生活衛生同業組合連合会が作成した、47都道府県共通の組合加盟店を表すシンボルマークです。
このマークがあるお店は、新しい素材や加工などに対応したプロ技術によるサービスを提供しています。。LDは、のLはLaundry、DはDrycleaningの頭文字を表しています。クリーニングギフト券などにも入っていますね。

Sマーク

smark
Sマーク

Sマークのあるクリーニング店は、厚生労働大臣が許可した「クリーニング業の標準営業約款」に基づいて営業しています。LDマークと同様に、品質の高いサービスに期待できると共に、賠償も行ってくれます。「S」は「Safety:安全であること」「Standard:安心であること」「Sanitation:清潔であること」の頭文字を表しています。

キャンペーンやセールを利用して安くクリーニングを利用しよう

クリーニングを安く利用するには、キャンペーンや特典がお勧めです。クリーニング屋は季節の変わり目など、クリーニングの繁忙期になると多くのお店がキャンペーンやセールを行います。季節ものなどはできるだけこういったセールを利用することで安く利用することができます。

おすすめのクリーニング店

おすすめのクリーニング店を紹介しておきます。もしどこにしようか迷った時はぜひ参考にしてみてください。

リネット

リネットは、会員数40万人を抱える宅配クリーニングのサービスです。スマホからクリーニングの申し込みができ、最短で2日で洋服を受け取ることができます。もちろん、ネットなので24時間申し込み可能。忙してなかなか店舗に行く時間がないという方はぜひリネットを使ってみてください!

リネットのページはこちら

ホワイト急便

ホワイト急便は、日本最大級のクリーニングチェーンです。皆さんも、街中でピンクと白の看板のホワイト急便の車やお店を見たことがあるという方は多いのではないでしょうか。ホワイト急便は全国的なチェーン店であり、圧倒的なノウハウ、安定した技術が魅力です。地域のクリーニング店に迷っている場合は、まず近所のホワイト急便を探してみてください!

ホワイト急便で近所のお店を探す

白洋舎

白洋舎は、1906年創業と歴史と伝統あるクリーニング店で、幅広い品目の衣類をクリーニングできるノウハウと技術を備えています。全国には850の店舗があり、どの店舗でも高いサービスを受けることができます。地域にクリーニング店はあるけど、少し技術が心配、そんな時はご近所の白洋舎を使ってみて下さい。

白洋舎で近所のお店を探す

ポイントをつかんで最適なクリーニング店を

クリーニング店選びは、お気に入りの衣類を美しく長く着るために重要なポイントです。使い勝手の良さから立地や価格から選ぶことも必要ですが、トラブルを避けるために対応の良さを確かめること、納得のいくサービスを受けることができるように時間をかけて技術を確かめることも必要となるでしょう。しっかりとクリーニング店を選び、おしゃれを楽しんでください。

クリーニング屋で洗濯された衣類

プロに学ぶ!効率の良い服のたたみ方

服のたたみ方時短方法

家事の中でも洗濯は毎日のように行わなければならない負荷の大きい作業ですが、なかでも取りこんだ服をたたむのを苦手にしている方は少なくないのではないでしょうか。時間がかかるうえに、なかなか上手にたためないという悩みを解決するためには、プロのやり方を参考にしてみるのがおすすめです。そこで以下では、プロのたたみ方について服の種類別に見ていきます。

服のたたみ方時短方法

Tシャツやカットソーのたたみ方

Tシャツやカットソーは薄い素材のものが多いため、しわにならないようにたたむ必要があります。まず最初に、裏返しにして脇にある縫い目がそろうように広げたうえで、手アイロンをかけてしわを伸ばすようにしましょう。その次に、襟元を基準に、身丈の部分を内側に織り込みます。その際も、適宜手アイロンで伸ばすようにすると、しわになるのを防止することができます。続いて、袖を根元から折りたたんでいくのですが、その際のポイントはなるべく身丈と平行になるように折るという点です。最後に、お腹の部分で身頃を半分に折れば完了ですが、このときもしわにならないように手を添えてやるようにしなければなりません。なお、以上の方法は、Tシャツやカットソー以外に、ドレスシャツなどにも応用できます。

なお、シャツの中でもカップ付きのものをたたむ場合には、ちょっとしたコツが必要です。カップ付きのシャツは、ブラジャーをせずに済むので多くの女性に人気なのですが、折りたたんでもカップの部分が浮き上がってしまってなかなかコンパクトにしにくいというのが悩ましいところです。このカップ付きのシャツをたたむ場合には、裏返しにしたうえで、肩と平行になるように袖を折り返し、続いて裾を折るようにしましょう。そして、カップの上部から肩にかけての部分がカップの裏にくるように折り返すのです。そうすることで、全体をコンパクトにまとめられるでしょう。

Tシャツやカットソーのたたみ方

ジャージやスウェットのたたみ方

シャツと違ってジャージやスウェットは生地が分厚いため、同じようなたたみ方をしていたのではかさばってしまいます。そのため、それらをたたむ際にはなるべく手数を掛けずにシンプルな工程にすることがポイントとなります。やり方は非常に簡単で、はじめに肩と平行になるように裾を折ったうえで、その裾を折り返すだけです。フードが付いている場合は、しわにならないように内側に織り込んでおくと良いでしょう。仕上げに、手アイロンでしわを伸ばすようにすれば、そのままタンスなどにしまうことが可能となります。

ジャージやスウェットのたたみ方

服のたたみ方を覚えて生活効率を向上させよう

以上で紹介したやり方を参照にして服をたたむようにすれば、それまで長時間かかってうまくできていなかった服のたたみ方が劇的に改善されるはずです。そうすれば、家事の時短にもつながりますし、大事な服を型崩れさせずに長期間使い続けられるようにもなるでしょう。生活効率を向上させるために、まずは上手に服をたためるよう努力してみましょう。

また、洗濯自体で時短する方法もあります。洗濯は毎日ある家事だからこそ、効率的に取り組んで余裕を持ちたいですね。

[sc_blogcard url=”/laundry-reduce/”]

すぐに使える洗濯物時短テクニック!

洗濯を手短に済ませるためのテクニック

毎日欠かせない家事といえば洗濯。この洗濯を早く終わらせることができたら、時間に余裕ができるのに。そう思ったことがある人は少なくないのではないでしょうか。気に入った洋服であっても、洗濯に多くの時間が掛かっていては、気分が滅入ってしまいます。

実は洗濯はちょっとしたコツやアイデア時短することが出来るってしってましたか?そこで今日は、明日からでもすぐに使える洗濯物の時短テクニックを紹介したいと思います。

衣類を分別で時短

まず始めのコツは、衣類の分類です。洗濯をする際に衣類を分別しておけば、すぐに着る必要があるものから洗うことが可能になります。優先順位をつけて衣類を洗うためには、洗濯機の側に分別用のカゴを置き、気に入った衣類や、デリケートな下着類などの基準で分類しておくことです。

洗う衣類を分別しておくことは、優先的に着る衣類から洗えるだけではなく、一度の洗濯量を減らすことにも繋がります。洗濯機に定められた容量以上の衣類を詰め込んでしまうと、汚れが落としにくくなるだけではなく、脱水効率も悪くなるからです。洗濯する衣類を細かく分けておくことで、洗濯効率だけではなく、干す時間の短縮も実現するのです。

洗濯機のコースを見直そう

次に考えられる時短ポイントは、洗濯機のコースです。面倒だからと用意されたコースを漫然と使っていませんか?しかし、洗濯機によっては、スピードコースを使えるものもあります。時短洗濯したい場合は、スピードコースを活用しましょう。

ただし、スピードコースを使っても、汚れが強いものだったり、容量に比べて大量の衣類を洗うと汚れが落ちなかったりと効率が悪化します。一番初めの分類の時点で、しっかりと容量に合わせた分別を行っておくと、スピードコースの恩恵を最大限に受けることができます。また、コースに合わせて正しい洗剤を選ぶことも忘れないようにしましょう。

夜洗濯もあり

次に活用して欲しいのが夜洗濯です。ちょうど朝起きて洗濯物を干す時間に合わせて洗濯機をセットしておけば、洗濯する時間がまるまる節約できます。ただし、夜洗濯の場合は、騒音と翌日の天気に注意が必要です。集合住宅などで夜洗濯禁止のルールがある場合は、夜洗濯は避けた方が無難です。

また、翌日の天気が悪く、洗濯物が乾かないと良そう出来る場合も、乾ききらない洗濯物に雑菌が繁殖し、臭いの原因になってしまう点に注意しましょう。

洗剤でも時短できます

洗う前の分別を行ったら、洗剤にも気をつけてみましょう。洗剤のなかにも、すすぎが一回で済むタイプのものが出ています。脱水やすすぎにかける時間が少なくなれば、全体的な洗濯時間は短くなります。洗う衣類によっては、フワフワ仕上げにしたい場合もあるでしょう。柔軟剤を用いることで、洗濯後の仕上げに要する時間は少なくなります。衣類の分類を行い、洗剤と柔軟剤にこだわるだけでも、洗濯の時間は短くなるのです。

[sc_blogcard url=”/detergent/”]

洗濯する衣類を分別する

さらに裏技!洗濯槽の中にバスタオル

短い時間で洗濯を終わらせるには、洗濯物を早く乾かすことも意識しましょう。洗濯物を早く乾かすには、脱水の際の工夫を凝らすことが大切です。洗濯物を干す際に多くの水分が含まれていなければ、短い時間で洗濯物は乾きます。洗濯後の衣類に水分が多く含まれないためには、洗濯槽にバスタオルを混ぜておくことです。洗っている間に洗濯槽のなかのバスタオルが衣類の水分を取り、干す際に含まれる水分が少なくなるからです。

時短できる干し方は?

洗濯物を干す際には、衣類を近付けないことも大切です。水分を多く含んだシャツ同士がくっついてしまうと、乾燥に時間が掛かってしまうだけではなく、衣類に型崩れが生じます。

衣類を干す際に使うハンガーを太めにして、距離を保って干せるような工夫が必要なのです。洗濯物を干す際には、クリーニング店から衣類が返ってきた際に付随するハンガーを使う方も多いでしょう。効率的に洗濯物を干すことと、型崩れを防ぐためには、衣類同士の距離を保てる太めのハンガーを揃えておくことも大切です。

洗濯物を干す際には衣類を近付けない

畳み方でも短縮

洗濯物を取り込んだら、多くの方が洗濯物をたたむと思いますが、実はここにもコツがあります。例えば型崩れしないものは、畳まず収納する、またハンガーごと取り込んで部屋に置いておくのもありです。

[sc_blogcard url=”/fold-clothes/”]

時短に役立つおすすめの便利グッズ

洗濯時間を短くしたい。そんなすべての主婦の願いに答えるために、洗濯物時短グッズも沢山でております。今日はそのなかでもおすすめの商品を3つ紹介しちゃいます。

seiei(セイエイ) 【 折りたためる ランドリー バスケット ラタン調 ピンク】

landorybag
amazon

洗濯物時短のコツはまず洗濯物の仕分け。そんな時に大活躍するのがランドリーバックです。このランドリーバックは、ひろげると最大幅55cmの大容量なのに、収納する時は畳んでコンパクトにできることです。もちろん、ランドリーバック以外にも大活躍。一家にひとつは欲しいアイテムです!

seiei(セイエイ) 【 折りたためる ランドリー バスケット ラタン調 ピンク】 の購入はこちら

カンガルーランドリーエプロン

カンガルーランドリーエプロン

地味に時間を取られるのが、洗濯物を干すときに、かごから洗濯物を取り出す作業です。そんな時に活躍してくれるのが、カンガルーランドリーエプロン。こちらはなんとお腹のポケットから洗濯物を取り出すことが出来るので、洗濯かごを何度も往復する手間が省けます!一度使うともう手放せない便利さです。

カンガルーランドリーエプロンの購入はこちら

Kogure×洗濯先生 8連ハンガー

hunger
amazon

洗濯物を干す時にぜひ使ってもらいたいのが、この8連ハンガー。シャツを干すたびにハンガーを取り出して、となると実は地味に時間がかかります。さらに毎日やる作業なので、この時間が1分でも2分でも短くなれば、大幅な節約になること間違いなし。首元を伸ばさず干せるので、干す時の手間も激減します。ご家族が多い人には特におすすめしたい便利グッズです。

Kogure×洗濯先生 8連ハンガーの購入はこちらから

効率化で負担を減らそう

今日は洗濯物の時短テクニックを紹介しました。毎日の洗濯、時間を節約出来たら嬉しいですよね。ぜひ紹介した工夫を試して、毎日の生活に余裕をもってくださいね。