オーガニックコットンが愛される理由


様々なところで見かけるようになったオーガニックコットン、無農薬で栽培された綿花のことです。そういった製品を使うことで恩恵を受けるのは我々人間だけでは無いのです。地球を守り、安心安全な未来を手に入れるためにも大切な役割を果たしています。そのことが分かったら、なぜこれほど愛されているのかが理解できるはずです。

オーガニックコットンが愛される理由

オーガニックコットンがもたらす環境への効果

一般的な綿花の場合、化学肥料に殺虫剤・除草剤など当たり前に使われています。それらが2・3年以上使われていない土壌にて、有機肥料で手間暇かけて作られたのがオーガニックコットンなのです。化学物質は土を汚染し、其処に住む微生物まで殺してしまいます。空気への悪影響も半端ないです。地球環境を守りたいというなら、オーガニックコットンの畑を増やすことです。

人口が増え続けている中、2025年頃には世界の3分の2の人たちが水不足に苦しむと言われています。そんな時に助けとなるのが雨水、何しろオーガニックコットン生育に必要となる水の80パーセントは雨水です。地域の水資源を圧迫することなく育つので、今後は更に栽培が広がっていくはずです。

オーガニックコットン生育に必要となる水の80パーセントは雨水です

我々人類への効果

オーガニックコットンの種から作られた油・コットンシードオイルは様々な食品で活用されています。家畜のえさとしても、生地を食べることはありませんがその副産物はお腹の中に入れても大丈夫なもの、ですから安全性の高さは分かります。お肌に触れても過敏に反応してしまうことが無いのはそのためなのです。

オーガニックコットン作りは昔ながらの栽培法ですから決して楽だとは言えないです。でも、危険な化学物質に触れる機会が少なくなるので農家の人たちも健康が手に入ります。農場の中に住み、そこで暮らすとしても自身の食べ物や水が汚染することは無いです。土壌の中の微生物が殺されることなく元気なまま、ですからコットン以外にも数種類の作物を同時に栽培しているという農家も多いです。そうして取れた作物は彼らの食糧、そして副収入となるのです。

自分たちのために頑張っている、その想いがあるからこそオーガニックコットン作りに乗り出す農家も増えました。良さを知って買い求める人がいて、需要が高まるからと更に生産してと良いスパイラルが繰り広げられるわけです。こうして世界中の様々な所にオーガニックコットン畑が出来るようになりました。愛用者の数もどんどん増えているのです。

我々が地球環境にできること

地球と自分自身のために

何となく良さそうと買い求める方もいて、オーガニックコットンへの関心は高まりました。良さには根拠があります。エコにつながるのはもちろん、自分自身や農家さんの安心安全のためにも活躍してくれるのです。将来にもつながる良さ、ごく普通にお肌に優しいから気持ちいいと選ぶ人もおりオーガニックコットンの輪は広がっています。


Scroll to top