身の回りを見渡してみると、衣服からタオルやシーツ、ベッド回りのアイテムなどあらゆるものにオーガニックコットンが使われています。実は、オーガニックコットン製品を積極的に購入することによって、発展途上国の労働環境をはじめ地球環境を良くすることができるのです。ここでは、その理由について紹介します。

衣服からタオルやシーツ、ベッド回りのアイテムなどあらゆるものにオーガニックコットンが使われています。

オーガニックコットンは地球環境に良い

オーガニックコットンというのは、簡単に言うと無農薬で栽培されたコットンのことです。一般的なコットンを生産するにあたり、化学肥料や殺虫剤、除草剤などの農薬を大量に使うことになります。しかし、オーガニックコットンの場合、農薬を一切使わない代わりにてんとう虫などの益虫や虫が嫌いな匂いを活用することで害虫駆除を行っているのです。また、大量に生えてくる雑草は手作業で除去するなどして手間をかけながら栽培するのが特徴的です。

従来の農法では、農薬が大量に使われることになるので、化学物質が土を汚染して地球環境に悪影響を及ぼすことになります。あるいは、マスクや手袋をしないで作業をすることによって、農薬に触れた手がただれてしまうことも少なくありません。さらに、雨で土から農薬が流出して井戸に混じってしまうと、その井戸水で生産された食物が汚染されてしまいます。つまり、その食物を食べた人に健康被害が出る恐れもあります。

オーガニックコットンは地球環境に良い

その他にも、コットンの生産地は発展途上国に多いのですが、農薬や化学肥料を入手するために借金を背負っている生産者も少なくはありません。また、途上国の子供たちが低賃金で劣悪な環境で働かされていることが問題視されてもいるのです。その点、オーガニックコットンの農法は一切農薬を使うことがないので、借金で苦しむ必要もない上に健康被害が起きることもありません。幼い労働者が酷使されることもないので、オーガニックコットンの農法は生態系や働く人たちの健康や労働環境を守る栽培方法といえます。

オーガニックコットンの生産は手間暇がかかるために、普通のコットンと比べると価格がちょっと高めになりがちです。したがって、素材そのものの品質に変わりがないならば、ついつい安い商品を選んでしまいがちです。ただオーガニックコットンは、現地で働く方々の健康、労働環境などを考慮した場合、とても優しい商品といえます。よって、今後はコットンを購入する時には地球環境に優しいか、現地の労働環境は良いかどうかも配慮して選ぶことが必要だと言えます。

オーガニックコットンは生産地の環境を守る

オーガニックコットンは生産地の環境を守る

オーガニックコットンは、肌触りが良くて品質において非常に優れている商品です。また、積極的に購入することで生産地の環境や労働環境を守ることができます。オーガニックコットンは従来のものより価格が高いですが、消費者が積極的に購入することで市場が拡大して価格も落ち着いてくることでしょう。


Recommended Posts