利用シーンで違う!洗剤の特徴と選び方


衣類の洗濯で使用する洗剤は需要の増加に伴って様々なメーカーから販売されています。値段はもちろん、使用されている成分や特徴がそれぞれ異なるため、どれを選んでいいかわからずに迷ってしまう人も少なくありません。そこで今回は、洗剤の特徴を紹介すると共に、利用シーンに合わせた最適な選び方を紹介していきます。

オススメの洗剤の選び方

洗濯洗剤を選ぶ時のポイント

自宅で洗濯物を洗う時に必要となる洗濯洗剤はいくつかの種類に分類されています。まず基本となるのが中性洗剤です。中性は数ある洗剤の種類の中でも衣類に対する負担が最も少なくて済むのが特徴です。そのため、絹やウールといったデリケートな素材を使用している衣類との相性が良いとされています。それに対して頑固な汚れをしっかりと落としたいという場合に有効となるのが弱アルカリ性の洗剤です。弱アルカリ性は中性よりも洗浄力が高く、黄ばみやシミなど通常では落としにくい汚れにも高い効果を発揮します。ただし、洗浄力の強さに比例して衣類に負担が掛かりやすくなるので注意が必要です。

洗剤は商品によって使用されている成分が違っていて、体に何らかの影響が出てしまう物もあります。外部からの刺激に弱い敏感肌の人や乳幼児が着用する衣類では、植物由来を始めとした体に影響の出ない成分が使用されている無添加の洗剤が最適です。

洗剤によって異なる特徴

液体と粉末の違い

一昔前であれば洗剤というと粉末が主流でしたが、時代の移り変わりの中で液体洗剤の需要も増加しています。粉末と液体、どちらも同じという認識を抱いている人も少なくありません。しかし、実際には大きな違いがあって、その一つが洗浄力です。液体は衣類で使用されている素材に対して影響力が少ない反面、粉末に比べて洗浄力は若干落ちます。目に見えない軽い汚れ程度であれば液体でも問題ありませんが、夏場の汗による襟元の汚れなどには効果が薄いのは否めません。洗浄力の強い粉末であればこうした頑固な汚れもしっかりと落とせます。ただし、素材によっては色落ちしてしまうケースもあるので、洗濯物によって使い分けることが大切です。

液体洗剤を選ぶ時の重要なポイントの一つに蛍光剤の有無があります。蛍光剤は素材の色を強調させるための染料のことです。白を始めとした明るい色に高い効果を発揮しますが、パステルカラーのような淡い色は逆に色褪せの原因となってしまうので注意しなくてはいけません。これらの色の衣類を洗濯する時は、蛍光剤の使用していない物を選ぶのが基本になります。

衣類によって洗剤を分ける

用途に合わせて最適な洗剤を選ぶ

市販されている洗剤は、一見するとどれを使っても同じような印象を受けますが、それぞれ洗濯する衣類との相性を考えて作られています。相性が悪いと十分な効果を発揮できないだけでなく、悪影響を及ぼしてしまうこともあるので注意が必要です。洗剤を選ぶ時は、値段の安さだけで決めずに用途に合った最適な物を選ばなくてはいけません。


Scroll to top