お気に入りの衣類を美しく、そして長く着続けるためには、日々のお手入れが重要です。家庭の洗濯機では処理しきることができない衣類は、クリーニング店へと依頼することになるのですが、クリーニング店も種類が色々あってどの店がいいのかわからなくなりますよね。

価格や洗える品物、納期など、様々な要素があります。今回は、そんなクリーニング店の選び方について、大切な洋服を預けるのにベストな選択をするためのポイントや、クリーニングを安くお得に使う方法を解説します。

クリーニング屋の選び方

クリーニング店で確認するポイント

クリーニング店を選ぶ際には、多くの人が自宅や職場からの距離や価格などから選びます。もちろんこれらのポイントもクリーニング店選びに重要です。料金が高ければ、日常的に使うことができず、店舗の位置が悪く利便性が悪ければ、使い勝手が悪くなってしまいます。

納期なども含めて、使いやすいクリーニング店選びは重要ですが、そのほかにもクリーニング店選びのポイントはいくつかあります。そのひとつが、クリーニングに関する知識があり、しっかりとした説明を受けることができるかどうかということです。

クリーニング店の種類

クリーニング店には、主に以下のような種類があります。

チェーン店店舗では受け渡しのみ。工場に集めてクリーニング
個人店工場一体型。地域密着
取次店店舗はなく、収集、宅配のみ

チェーン店

チェーン店は文字通りいくつも店舗を持ち、全国的にクリーニングを展開している店舗です。サービスや料金などが一定であり、
また、薄利多売のため価格が安い
。店舗には工場はついておらず、店舗から専用の工場に品物を運んでいるというパターンが多いです。

個人店

個人店は、地域に2、3店舗などの規模で小さく経営している地域密着型の店舗です。工場と店舗が一体になっている場合が多く、
価格はチェーン店より高くなりがちですが、店舗の販売員はクリーニングに関する知識を持っていることが多いのが特徴です。

取次店

取次店は、店舗を持たずに車などでルートを周っているようなクリーニング店をさします。店舗を持たないため価格や安くなる傾向がありますが、ドライバーはクリーニングの知識がない場合も多いです。

クリーニングの用途で使い分けよう

クリーニング店は色々特徴があります。なので、クリーニング店は用途によって使い分けるのがお勧めです。クリーニングの知識という点では、工場と店舗が隣接しているクリーニング店が一番優れています。そのため、特殊なクリーニングだったり、染み抜きなどを頼むには安心です。

反対に、ワイシャツや普段使いの服であれば、チェーン店や取次店の方が安く便利に利用できます。また、連絡先がしっかりとわかるということも重要なポイントです。シミ残りや色移りなど何らかのトラブルが起きた際に、苦情を申し立てることができる連絡先が記載されている店舗は信頼できるでしょう。

クリーニング技術を見極めよう

クリーニング店の技術の良し悪しは、受付の段階や一度の依頼でわかるものではありません。そのため、基本的には長い目で良いクリーニング店なのかを確認する必要があります。

チラシや看板にできるメニューが書かれていても、満足のいく技術なのかどうかわからないので、はじめはワイシャツなど簡単なものを依頼して技術を確かめてみることが必要です。

一度クリーニングを依頼し、汚れはしっかりと落ちているのか、生地の傷みや縮みはないのか、そしてにおいが残っていないかを確認するとよいでしょう。技術に関しては、クリーニング業界において技術や安全性を保証するマークなども存在しています。

クリーニング屋で使われていたアイロン

マークで品質を判断しよう

また、クリーニング業界にはいくつかの規格があり、規格のある、なしでクリーニングの品質を考えることができます。

クリちゃんマーク

kuri_logo
クリちゃんマーク

クリちゃんマークは、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の組合加盟店に発行されるマークです。クリちゃんマークがついているお店は、万が一トラブルが起きた際、クリーニング事故賠償基準に基づいてトラブル処理をしてくれるので安心です。

LDマーク

LDマーク

LDマークは、全国クリーニング生活衛生同業組合連合会が作成した、47都道府県共通の組合加盟店を表すシンボルマークです。
このマークがあるお店は、新しい素材や加工などに対応したプロ技術によるサービスを提供しています。。LDは、のLはLaundry、DはDrycleaningの頭文字を表しています。クリーニングギフト券などにも入っていますね。

Sマーク

smark
Sマーク

Sマークのあるクリーニング店は、厚生労働大臣が許可した「クリーニング業の標準営業約款」に基づいて営業しています。LDマークと同様に、品質の高いサービスに期待できると共に、賠償も行ってくれます。「S」は「Safety:安全であること」「Standard:安心であること」「Sanitation:清潔であること」の頭文字を表しています。

キャンペーンやセールを利用して安くクリーニングを利用しよう

クリーニングを安く利用するには、キャンペーンや特典がお勧めです。クリーニング屋は季節の変わり目など、クリーニングの繁忙期になると多くのお店がキャンペーンやセールを行います。季節ものなどはできるだけこういったセールを利用することで安く利用することができます。

ポイントをつかんで最適なクリーニング店を

クリーニング店選びは、お気に入りの衣類を美しく長く着るために重要なポイントです。使い勝手の良さから立地や価格から選ぶことも必要ですが、トラブルを避けるために対応の良さを確かめること、納得のいくサービスを受けることができるように時間をかけて技術を確かめることも必要となるでしょう。しっかりとクリーニング店を選び、おしゃれを楽しんでください。

クリーニング屋で洗濯された衣類

Recommended Posts