【必見!ケア方法】お気に入りの服を10年長持ちさせるには?


おしゃれを楽しむ人にとって、お気に入りの服がすぐに傷んでしまうということは悲しいことです。お気に入りの服程すぐに傷んでよれよれになってしまいます。しかし、服は正しい保管方法や洗濯方法を実践してケアしていけば、必ずしもすぐにダメになってしまうというわけではありません。服を長持ちさせるためのケア方法について説明します。

すべてのお気に入りの服を10年保たせたい

正しい着用・保管方法

服を長持ちさせるためには、まず日頃の着用方法に気を配ることが重要です。当たり前ではありますが、服は着れば着るほど傷んでいくものです。その際、丁寧に着るということが服を長持ちさせるためのポイントといえるでしょう。装飾がある服でアウトドアしたら、糸が引っかかって伸びてしまい、ダメになってしまったという経験があるので、シーンに合わせた服装をするということが重要だと思います。また、同じ服を連日着用すると傷みやすくなるので、一度来たら2日程休息させると、服の良いケアといえるでしょう。そして、着た後はほこりや汗を取り除くケアが重要です。ブラッシングでほこりを落とし、霧吹きで水をかけて風通しの良い場所にかけておくと、長持ちします。

服を長持ちさせるケア方法のひとつには、正しい保管方法を実践するということもあげられます。シーズンによって着ない服がありますが、それらを着ている服と同じようにタンスにしまうのはよくありません。単純に服を詰め込みすぎれば服が傷みます。スーツならばスーツ用のケースへしまうなど、服に合わせた保管方法をするとよいでしょう。また、服は折りたたんでしまうよりも、サイズに合わせたハンガーにかけて保管するほうが長持ちします。サイズや型に合ったハンガーにかければ、型崩れを防ぎ、長く着ることが可能です。

正しい保管方法

正しい洗濯方法

服を長持ちさせるためのケアには、洗濯や乾燥の方法も正しく行うことも含まれます。着た後の服をそのまま放置していると、ほこりが積もるばかりではなく、虫がつく可能性が高いです。久々に片付けようとしたら、服に穴が開いていたといった経験があります。これは実は虫が食べた跡かもしれません。服が傷んだというだけではなく、虫がついているという点に生理的な嫌悪を感じますよね。洗濯物を洗濯籠に入れる人は多いですが、洗濯籠をゴム製のものを選ぶと、服の生地が傷むことを防ぐことができることもポイントです。また、洗濯するにしても、正しい洗濯方法を行うことが必要です。服には必ず洗濯表示がついているので、それに従って適した洗剤選びや洗濯方法を行います。

このほか、ドライクリーニングを多用せずに、スチーマーなどでケアしたり、少ない洗剤を使って冷たい水で洗濯したり、ぬるま湯の手洗い、分けて洗濯する方法もいいです。洗濯した後に干す際にも、型崩れしないようにハンガーや干し方を工夫すれば、服は長持ちするでしょう。

正しい選択方法

正しくケアして長く着よう

お気に入りの服は、できるだけ長く着続けたいものです。服は粗雑に扱えばその分早く傷みますが、丁寧に正しくケアしていれば長持ちします。多用しすぎず、服に合った保管方法を実践するほか、服に合わせた洗濯方法を行うことが重要です。また、スチーマーや手洗いも有効な方法といえるでしょう。
正しいケアを行って、服を長持ちさせておしゃれを楽しんでください!


Scroll to top