すべてのお気に入りの服を10年保たせたい

お気に入りの服は、少しでも長く着たいと思いますよね。ただ、着回す回数も多いからこそ、服が傷んでしまうという悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、服はそのケアにちょっとの手間をかけてあげることで、驚くほど寿命が延びることがあります。洗濯方法や保管方法など、服に合わせて正しい方法でケアしてあげることで、お気に入りの服と長くお付き合いができたら、素敵ですよね。

服の寿命は長くても3年といわれていますが、正しいケアを行えば、10年先まで着ることができるかもしれません。

ちょっとの手間で服は驚くほど長持ちします。

あなたの大切な服は、ちょっとした手間で驚くほど長持ちするようになります。

服を休ませてあげよう

服を長持ちさせるためには、まず日頃の着用方法に気を配ることが重要です。当たり前ではありますが、服は着れば着るほど傷んでいくものです。摩擦だったり、外からの刺激で、服は消耗します。同じ服を連日着用すると傷みやすくなるので、一度着たら2日程休息させるようにしましょう。

湿気・汚れに気を配ろう

そして、着た後はほこりや汗を取り除くケアが重要です。ブラッシングでほこりを落とし、霧吹きで水をかけて風通しの良い場所にかけておくと、長持ちします。湿気に多い場所においていると、しわが残ってしまうので気を付けましょう。

保管方法も工夫しよう

正しい保管方法

服を長持ちさせるケア方法のひとつには、正しい保管方法を実践するということもあげられます。

長く着ない服は適切に保管

夏用スーツや、冬用のジャケットなど、長く着ない服は適切に保管しましょう。スーツはスーツ用のハンガーに。また間隔をあけて保管し、服に呼吸をさせてあげましょう。

服にあった収納方法を

型崩れしやすい服は、ハンガーにかけておきます。この際、ハンガーは細いものを使いすぎないことが大切です。針金のハンガーなどだと、服の重みで型が崩れてしまいますので、木製ハンガーなど、服にあったハンガーを選びましょう。また詰め込みすぎると服が摩擦し消耗します。間隔をあけて、適切なハンガーで保管することが大切です。

ロングTシャツやニット素材は、伸びやすいためハンガーはNGです。畳んで収納するようにしましょう。

服が傷まない正しい洗濯方法

正しい選択方法

服を長持ちさせるためのケアには、洗濯や乾燥の方法も正しく行うことも含まれます。着た後の服をそのまま放置していると、ほこりが積もるばかりではなく、虫がつく可能性が高いです。

久々に片付けようとしたら、服に穴が開いていたといった経験があります。これは実は虫が食べた跡かもしれません。服が傷んだというだけではなく、虫がついているという点に生理的な嫌悪を感じますよね。

洗濯物を洗濯籠に入れる人は多いですが、洗濯籠をゴム製のものを選ぶと、服の生地が傷むことを防ぐことができることもポイントです。

洗濯で気を付けること

まず気を付けることは、冷たい水で洗剤を少なめにして洗うことです。繊維は暖かい水で洗うことで、色落ちや色移りをしたり、ダメージを受けることがわかっています。

また、汚れが目立つものや白い衣服に関しては、温水で洗うのがオススメです。冷たい水の方が通常は長持ちするのですが、汚れは暖かい水の方が洗剤の効果もあがり、落ちやすくなるためです。もし冷たい水で汚れが落ちないという場合は、「炭酸ソーダ」や「セスキ炭酸ソーダ」を使うといいでしょう。衣服の状態によって、個別にケアをしてあげることが大切ですね。

また、色落ちするものや、シャツなどは裏返して毛羽立ちを防ぎます。洗濯をする際、摩擦で服は消耗します。ジーンズなど固い素材の服と柔らかいものは一緒に洗わないように注意しましょう。

自然乾燥が一番

雨が多い時期などは、どうしても乾燥機を使いたくなりますが、乾燥機の高温、そして服の摩擦は服の消耗を早めます。できるだけ自然乾燥をするようにしましょう。

また、直射日光は色あせの原因となります。できるだけ直射日光は避けるようにしましょう。

クリーニングは少なめに

クリーニングは服を綺麗にしてくれますが、どうしても化学薬品によって服が傷んでしまうというデメリットがあります。スチーマーなどでケアをしたり、シミなどにはすぐに家庭で対応するなどして、クリーニングの頻度をへらすように工夫しましょう。

長持ちする素材を選択する

服を長持ちさせるには、正しい洗濯方法、保管方法でケアしてあげるという方法もありますが、長持ちする素材をえらぶという方法もあります。

丈夫でおしゃれな服を一着もつことができたら、そしてその服と10年を一緒に過ごすことができたら、とても素敵ですよね。例えばオーガニックコットンだったり、炭繊維の服などは、とても丈夫なので長く着回しすることができます。

正しくケアして長く着よう

お気に入りの服は、できるだけ長く着続けたいものです。服は粗雑に扱えばその分早く傷みますが、丁寧に正しくケアしていれば長持ちします。多用しすぎず、服に合った保管方法を実践するほか、服に合わせた洗濯方法を行うことが重要です。また、スチーマーや手洗いも有効な方法といえるでしょう。
正しいケアを行って、服を長持ちさせておしゃれを楽しんでください!


Recommended Posts