オーガニックコットンの肌ざわりの良さと、赤ちゃんが身に付けるベビー用品の生地に最適とされる理由


世の中には外部からの刺激に弱い敏感肌の人も多く、身に付ける衣類の生地選びに頭を悩ませている人も少なくありません。こうした敏感肌の人に最適と言われている素材がオーガニックコットンです。そこで今回は、オーガニックコットンの特徴を紹介すると共に、敏感肌の人や乳幼児の衣類に向いている理由について解説していきます。

オーガニックコットンは敏感肌の人や乳幼児の衣類に向いている

オーガニックコットンならではの独自の製法

オーガニックコットンが通常のコットンに比べて肌に良いとされる大きな理由の一つが安全性の高さです。一般的なコットンは栽培の段階で花に寄生しようとする害虫を駆除するために農薬が使用されています。商品として製造する段階で農薬は除去されているとはいえ、全てを取り除くのは難しく、微量ながら繊維に付着しているケースも少なくありません。農薬の中には発ガン性の物質が含まれていることもあると言われていて、健康に対する影響が懸念されています。オーガニックコットンは栽培に牛糞などの有機肥料を利用することで害虫の寄生を最小限に抑える工夫が取られているのが特徴です。微量に寄生した害虫も農薬ではなくテントウムシなどの昆虫を使用して除去をしているため、健康に対する影響を心配する必要がありません。

製造過程も通常のコットンとは異なり、衣類などの製造中に化学薬品が混入がされないように、厳重にチェックが行われています。オーガニックコットンならではの柔らかさは、こうした農薬や化学薬品を一切使用せずに手間暇を掛けて作る努力の賜物によるものです。

オーガニックコットンには農薬や化学薬品を一切使用しない

着用した時のフィット感

外部からの刺激に弱い人や、乳幼児が身に付ける肌着の素材にオーガニックコットンが良いとされる理由の一つが肌触りです。通常のコットンとオーガニックでは、手で触った時の感触はもちろん、実際に身に付けた時の体へのフィット感が大きく違います。これは前述したように、化学薬品を一切使用しないで製造していることで、繊維の損傷が最小限に抑えられて本来の風合いが保たれているのが理由です。一般的な化学薬品を使って製造した衣類の場合、洗濯による縮みやシワができてしまうケースも少なくありません。しかし、オーガニックは使い続けて洗濯をすることでよりボリューム感が出て、生地が持つ本来の肌触りの滑らかさが増していくのが特徴です。製品として長く使い続けられるだけでなく、健康に対する良い影響も失われない品質の高さが、オーガニックコットンならではの魅力と言えます。

オーガニックコットンならではのフィット感

子供の健やかな成長に欠かせないオーガニックコットン

毎日の生活で身に付ける衣類は、着た時に違和感を感じないフィット感はもちろん、体への影響を考慮することが重要となります。特に成人に比べて肌が乾燥しやすく皮膚の厚みが薄い乳幼児は注意が必要です。肌トラブルを起こさずに健やかな成長を促すためにも、身に付ける衣類はオーガニックコットンを選択することが重要になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top