コットンは身近な素材です。カットソーやブラウスなど、幅広い衣類の素材として使われています。コットンの特徴は、生地が柔らかくて、肌に馴染みやすいことです。特に、オーガニックコットンは体に優しい素材として知られており、人気があります。ただし、コットンを洗う場合には、いくつかの注意点があります。これから、コットンの洗い方について紹介します。

オーガニックコットンの洋服はデメリットの方が多い?
オーガニックコットンの洋服はデメリットの方が多い?
洋服に使われる素材にはそれぞれ独自の魅力がありますが、中でもオーガニックコットンは、肌や環境に優しい素材であり…

コットンの特徴について

コットンとは、綿から取れる繊維のことです。天然の素材なので、肌に刺激を与えません。そのために、乳幼児から高齢者まで、利用者の層は幅広いです。Tシャツやパンツ、ワンピースなどの衣料品に用いられています。また、吸水性に優れているので、下着や靴下など、肌に直接触れる衣類として利用されることが多いです。子どもの体操着や帽子にも、コットンが使われています。オーガニックコットンは化学繊維が含まれていないので、肌に刺激を与えません。肌荒れをしやすく、デリケートな肌の方にオーガニックコットンはぴったりです。

コットンは人気が高い素材ですが、吸水性が高いために、汚れを吸い取りやすいという特徴があります。しかも、なかなか汚れが落ちないので、洗濯をする場合には注意が必要です。汚れが落ちにくい時は、部分的にシミ取りを行いましょう。水や洗剤を使っても落ちないなら、酸素系の漂白剤を使えば効果的です。塩素系の漂白剤は、色落ちするのでおすすめできません。特に、色物や柄物のコットンには絶対に使わないようにしましょう。

コットン(綿)の品種とそれぞれの違い
コットン(綿)の品種とそれぞれの違い
コットンは、私たちの身につけているものの多くに含まれており、肌への影響も少ないため、赤ちゃんから高齢者まで幅広…

安心できるコットンの洗い方

安心できるコットンの洗い方

コットンは丈夫で長持ちしやすい素材です。大事な衣類を長く着たいなら、洗い方に気をつけましょう。洗い方を工夫するだけで、型崩れや黄ばみを防ぐことができ、また肌に優しく使っていくことができます。

まずは、タグに記載されている洗濯マークをチェックしましょう。洗濯機を使って洗えるかどうか、必ず確認することがポイントです。手洗いのマークがついている場合は、洗濯機を避けることが大事です。型が崩れて、生地が伸びたり、襟が広がったりする危険性があります。また、洗濯機を使って洗う時も、型崩れが心配ならばネットに入れて洗いましょう。特に、ブラウスなどのおしゃれ着にはネットが必需品です。型崩れしないように、衣類の形を整えてからネットに入れることがコツです。部分的な汚れが気になるなら、ネットに入れる前に落としておきましょう。

コットンに適した洗剤は、おしゃれ着用の中性洗剤です。デリケートな衣類に適しており、生地が傷むのを防ぎます。弱アルカリ性の洗剤は、生地が傷みやすく、衣類の寿命が短くなります。さらに、洗濯の温度にも注意することがポイントです。なぜなら、高温で洗濯すると、生地が縮むことがあるからです。

お風呂の残り湯を使って洗濯したために、衣類が縮んでしまったケースはよくあります。30度以下など、温度を指定している衣類もあるので、必ずタグを確認しましょう。また、型崩れを防ぐ方法として、脱水時間の短縮が有効です。長時間の脱水は、生地が傷む原因になります。30秒から1分程度を目安にして、洗濯機をセットしましょう。

オーガニックコットンのおくるみを出産祝いに!おすすめの人気ブランドも紹介
オーガニックコットンのおくるみを出産祝いに!おすすめの人気ブランドも紹介
大切な人の出産祝いに迷った時は、オーガニックコットンのおくるみはいかがでしょうか。オーガニックコットンは、通常…

ピマコットンとは何か

安心できるコットンの洗い方

ピマコットンとはコットンの一種であり、アメリカ南西部で作られました。エジプト綿とアメリカ綿を交配させており、世界でも有数の最高級コットンとして知られています。主な特徴は、繊維が長く、毛羽立ちが少ないことです。また、丈夫で長持ちするために、洗濯をしても素材が痩せにくいところも大きな特徴です。そのために、タオルやハンドタオルなど、頻繁に使われる日用品の素材としても重宝されています。さらに、吸水力が高く、肌触りがいいので、インナーやカットソーにも使われています。尚、ピマコットンの衣類を洗濯する場合には、一般的なコットンと同じように洗うことができます。型崩れを防ぎたいなら、洗濯機は避けて、手洗いをしましょう。

コットンは大人気の素材

コットンは幅広い年代から愛用されている素材です。肌に対する刺激が少ないので、下着や靴下、子どもの体操着など、肌に直接触れる衣類に使われています。大切な衣類を長く着たいなら、洗い方に注意しましょう。タグの表示をよく見ることがポイントです。脱水時間や干し方にも配慮して、生地が傷むのを防ぎましょう。


Recommended Posts