毎日の洗濯を楽に!時短テクニック!


気に入った洋服であっても、洗濯に多くの時間が掛かっていては、気分が滅入ってしまいます。洗濯を手短に済ませるためには、洗い始める前の手順や、干し方に工夫を凝らすことも大切です。洗濯したものを干し、室内に取り入れるまでの導線を意識して取り組みましょう。ここでは、洗濯を手短に済ませるためのテクニックを紹介します。

洗濯する衣類の分別が大切

洗濯をする際に衣類を分別しておけば、すぐに着る必要があるものから洗うことが可能になります。優先順位をつけて衣類を洗うためには、洗濯機の側に分別用のカゴを置き、気に入った衣類や、デリケートな下着類などの基準で分類しておくことです。洗う衣類を分別しておくことは、優先的に着る衣類から洗えるだけではなく、一度の洗濯量を減らすことにも繋がります。洗濯機に定められた容量以上の衣類を詰め込んでしまうと、汚れが落としにくくなるだけではなく、脱水効率も悪くなるからです。洗濯する衣類を細かく分けておくことで、洗濯効率だけではなく、干す時間の短縮も実現するのです。

洗う前の分別を行ったら、洗剤にも気をつけてみましょう。洗剤のなかにも、すすぎが一回で済むタイプのものが出ています。脱水やすすぎにかける時間が少なくなれば、全体的な洗濯時間は短くなります。洗う衣類によっては、フワフワ仕上げにしたい場合もあるでしょう。柔軟剤を用いることで、洗濯後の仕上げに要する時間は少なくなります。衣類の分類を行い、洗剤と柔軟剤にこだわるだけでも、洗濯の時間は短くなるのです。

洗濯する衣類を分別する

早く乾かすことを意識しましょう

短い時間で洗濯を終わらせるには、洗濯物を早く乾かすことも意識しましょう。洗濯物を早く乾かすには、脱水の際の工夫を凝らすことが大切です。洗濯物を干す際に多くの水分が含まれていなければ、短い時間で洗濯物は乾きます。洗濯後の衣類に水分が多く含まれないためには、洗濯槽にバスタオルを混ぜておくことです。洗っている間に洗濯槽のなかのバスタオルが衣類の水分を取り、干す際に含まれる水分が少なくなるからです。

洗濯物を干す際には、衣類を近付けないことも大切です。水分を多く含んだシャツ同士がくっついてしまうと、乾燥に時間が掛かってしまうだけではなく、衣類に型崩れが生じます。衣類を干す際に使うハンガーを太めにして、距離を保って干せるような工夫が必要なのです。洗濯物を干す際には、クリーニング店から衣類が返ってきた際に付随するハンガーを使う方も多いでしょう。効率的に洗濯物を干すことと、型崩れを防ぐためには、衣類同士の距離を保てる太めのハンガーを揃えておくことも大切です。

洗濯物を干す際には衣類を近付けない

少しの工夫で洗濯時間の短縮が実現

洗濯を時短で済ませるには、事前に衣類を分類しておくことが必要です。すぐに着たいものから洗えるように、事前に準備を済ませましょう。洗う際には、すすぎに時間がかからない洗剤や、仕上げが楽になる柔軟剤を用いることも大切です。乾かす場合には、ハンガーに工夫を凝らしましょう。干す際に衣類が近付いてしまうと、水分が抜けるのに時間が掛かり、型崩れを起こすからです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top