毎日欠かせない家事といえば洗濯。この洗濯を早く終わらせることができたら、時間に余裕ができるのに、そう思ったことがある人は少なくないのではないでしょうか。気に入った洋服であっても、洗濯に多くの時間が掛かっていては、気分が滅入ってしまいます。

実は洗濯はちょっとしたコツで時短することが出来るってしってましたか?そこで今日は、明日からでもすぐに使える洗濯物の時短テクニックを紹介したいと思います。

衣類を分別で時短

まず始めのコツは、衣類の分類です。洗濯をする際に衣類を分別しておけば、すぐに着る必要があるものから洗うことが可能になります。優先順位をつけて衣類を洗うためには、洗濯機の側に分別用のカゴを置き、気に入った衣類や、デリケートな下着類などの基準で分類しておくことです。

洗う衣類を分別しておくことは、優先的に着る衣類から洗えるだけではなく、一度の洗濯量を減らすことにも繋がります。洗濯機に定められた容量以上の衣類を詰め込んでしまうと、汚れが落としにくくなるだけではなく、脱水効率も悪くなるからです。洗濯する衣類を細かく分けておくことで、洗濯効率だけではなく、干す時間の短縮も実現するのです。

洗濯機のコースを見直そう

次に考えられる時短ポイントは、洗濯機のコースです。面倒だからと用意されたコースを漫然と使っていませんか?しかし、洗濯機によっては、スピードコースを使えるものもあります。時短洗濯したい場合は、スピードコースを活用しましょう。

ただし、スピードコースを使っても、汚れが強いものだったり、容量に比べて大量の衣類を洗うと汚れが落ちなかったりと効率が悪化します。一番初めの分類の時点で、しっかりと容量に合わせた分別を行っておくと、スピードコースの恩恵を最大限に受けることができます。また、コースに合わせて正しい洗剤を選ぶことも忘れないようにしましょう。

夜洗濯もあり

次に活用して欲しいのが夜洗濯です。ちょうど朝起きて洗濯物を干す時間に合わせて洗濯機をセットしておけば、洗濯する時間がまるまる節約できます。ただし、夜洗濯の場合は、騒音と翌日の天気に注意が必要です。集合住宅などで夜洗濯禁止のルールがある場合は、夜洗濯は避けた方が無難です。

また、翌日の天気が悪く、洗濯物が乾かないと良そう出来る場合も、乾ききらない洗濯物に雑菌が繁殖し、臭いの原因になってしまう点に注意しましょう。

洗剤でも時短できます

洗う前の分別を行ったら、洗剤にも気をつけてみましょう。洗剤のなかにも、すすぎが一回で済むタイプのものが出ています。脱水やすすぎにかける時間が少なくなれば、全体的な洗濯時間は短くなります。洗う衣類によっては、フワフワ仕上げにしたい場合もあるでしょう。柔軟剤を用いることで、洗濯後の仕上げに要する時間は少なくなります。衣類の分類を行い、洗剤と柔軟剤にこだわるだけでも、洗濯の時間は短くなるのです。

洗濯する衣類を分別する

さらに裏技!洗濯槽の中にバスタオル

短い時間で洗濯を終わらせるには、洗濯物を早く乾かすことも意識しましょう。洗濯物を早く乾かすには、脱水の際の工夫を凝らすことが大切です。洗濯物を干す際に多くの水分が含まれていなければ、短い時間で洗濯物は乾きます。洗濯後の衣類に水分が多く含まれないためには、洗濯槽にバスタオルを混ぜておくことです。洗っている間に洗濯槽のなかのバスタオルが衣類の水分を取り、干す際に含まれる水分が少なくなるからです。

時短できる干し方は?

洗濯物を干す際には、衣類を近付けないことも大切です。水分を多く含んだシャツ同士がくっついてしまうと、乾燥に時間が掛かってしまうだけではなく、衣類に型崩れが生じます。

衣類を干す際に使うハンガーを太めにして、距離を保って干せるような工夫が必要なのです。洗濯物を干す際には、クリーニング店から衣類が返ってきた際に付随するハンガーを使う方も多いでしょう。効率的に洗濯物を干すことと、型崩れを防ぐためには、衣類同士の距離を保てる太めのハンガーを揃えておくことも大切です。

洗濯物を干す際には衣類を近付けない

畳み方でも短縮

洗濯物を取り込んだら、多くの方が洗濯物をたたむと思いますが、実はここにもコツがあります。例えば型崩れしないものは、畳まず収納する、またハンガーごと取り込んで部屋に置いておくのもありです。

効率化で負担を減らそう

今日は洗濯物の時短テクニックを紹介しました。毎日の洗濯、時間を節約出来たら嬉しいですよね。ぜひ紹介した工夫を試して、毎日の生活に余裕をもってくださいね。


Recommended Posts