衣類に用いられる主要素材の紹介と特徴


我々が普段着用している衣類は、様々な素材で作られています。もっとも、それぞれの素材がどういったものであるかを詳しく知っているという方はそれほど多くはないのではないでしょうか。以下では、使用頻度が高い主要素材と、それぞれの特徴について見ていきますので、今後衣類を選ぶ際の参考にしてみてください。

衣類に用いられる主要素材の紹介とそれらの特徴について

天然繊維

衣類に用いられる主要素材は、天然繊維と化学繊維の大きく2つに分類されます。このうち、天然繊維の代表例は綿です。コットンという名でも知られていますが、綿は原産国ごとに長さが異なっており、長さによって短繊維綿、中繊維綿、長繊維綿などに分類されます。基本的に長いものほど高級とされているのですが、近年では量販店で販売されている衣類にも高品質の綿が使われるようになってきているため、なじみ深い素材であるといえるでしょう。綿の特徴は、吸水性に富む上に、丈夫で頑丈であるという点ですので、衣類の材料として使うにはぴったりです。

また、リネンと呼ばれる麻も天然素材の一つです。風通しが良い素材であるため主に春夏物の衣類に使われることが多くなっています。実は衣類に用いられる素材の中でもっとも丈夫な部類に入るのですが、水洗いすると縮んだり、シワになりやすいのに加えて色落ちのリスクもあるため、コットンに比べると取り扱いに注意を要する素材です。

麻と違って秋冬物に多く用いられるのがウールです。ウールというのは羊の毛のことで、同じ動物の毛でも、アンゴラヤギやアンゴラウサギの毛はアンゴラ、カシミヤ山羊の産毛はカシミヤと呼ばれます。シワになりにくい上に、弾力性があり、温かみもある寒い季節に用いるには適した素材となっています。

天然素材の中でもっとも高級なのがシルクです。生糸を紡いで作られており、軽くて丈夫な上に高級感漂う光沢感があるため、スーツやタキシードなどにもよく用いられています。ただし、自宅での洗濯が難しいため、メンテナンスは基本的にクリーニングを利用したほうが良いでしょう。

羊の毛は天然繊維

化学繊維

化学繊維の代表格は、レーヨンやポリノジック、キュプラなどの再生繊維です。いずれも木材パルプや綿などを加工して作られている人工的な繊維で、シルクに似た光沢を発することに加えて、吸湿性に優れているので、コートやアウターによく利用されています。一方、あまり伸縮性がないため、肌着などにはなじみません。

ポリエステルやナイロンなどは合成繊維と呼ばれます。これらは石油を原料として作られており、高い強度を有している上に、軽くて吸水性もあるためスポーツウェアやジャージなどに使われることが多いです。化学繊維に比べて伸縮性もあるので、シャツなどに仕立てれば快適に着用することができるでしょう。

化学繊維

素材の特徴を踏まえて衣類を選ぼう

以上で見てきたように、衣類には様々な素材が用いられているのですが、素材ごとに特徴は大きく異なります。そのため、衣類を選ぶ際には、単にデザインだけでなく、使われている素材についてもしっかりとチェックする必要があります。着用する場面に合った素材のものを選ぶように普段から心がければ、より日々を快適に過ごせるようになるでしょう。


Scroll to top