睡眠の質を良くしたい!オーガニックコットンと炭素繊維製の寝具・パジャマの特徴と効果


寝付きが悪かったり、寝心地が悪くて途中で目が覚めてしまったりと、それぞれ睡眠について悩みはあると思います。睡眠の質を向上する為に、オーガニックコットンを使用した寝具やパジャマに変えてみてはいかがでしょうか。肌に触れるものだからこそ、良い素材にこだわりましょう。そこで、オーガニックコットンを使用した寝具やパジャマの特徴と効果をご紹介します。

オーガニックコットンを使用したパジャマ

オーガニックコットンとは

一般的な寝具やパジャマに使用されている綿は、化学肥料や農薬等を使用して育てられており、敏感肌の方や赤ちゃんが使用する場合には、化学的な刺激が強いと言われています。一方、オーガニックコットンは、有害な化学肥料や農薬を使用せず、厳格な基準を守って育てられており、肌触りがよく、刺激が少ないのが特徴です。オーガニックコットンは通気性、保温性、保湿性に優れている為、1年を通して快適に使用することが出来、洗うとすぐに乾くので清潔さを保つことが出来ます。

私は夏になるとシーツが蒸れて寝心地が悪くなり、途中で目が覚めてしまったり、寝起きに不快感を感じたりしていましたが、オーガニックコットンを使用したシーツに変えたところ、汗による蒸れが解消されました。また、自然由来の素材で肌触りがとてもよく、以前よりもリラックス出来ている感覚があり、睡眠の質が向上したように思います。シーツだけでなく、パジャマにも同じ効果があります。着心地がよく、吸水性に優れている為、汗をよくかく赤ちゃんにもぴったりですね。

オーガニックコットン寝具

炭素繊維を含んだオーガニックコットン

オーガニックコットンだけでも睡眠の質への効果は期待できますが、炭素繊維が含まれたものも注目されています。人は寝ている間にコップ約1杯分の約180〜200ml、真夏の熱帯夜には約400〜600mlの汗をかいていると言われています。一般的な綿や他の繊維のパジャマやシーツの場合、汗の臭いが気になったり、汗で湿って不快に感じたりしますが、炭には抗菌・消臭効果があり、有害な細菌や汗の臭いを抑制することが出来、また、吸水性に優れている為、汗でベタベタになるという不快感から開放されます。夏は蒸れにくく、遠赤外線効果により冬は暖かさを保つことが出来るので、季節問わず重宝します。何度か洗っても効果は持続するので、長く使用出来るのも嬉しいですね。オーガニックコットンだけでも様々な性能に優れていますが、炭素繊維が加わることで、ストレスやトラブルのない快適な睡眠をとることが出来ます。

炭素繊維を含んだオーガニックコットン

寝具・パジャマを見直してみましょう

睡眠は人にとって、とても大切です。少しでも睡眠にストレスを感じた場合は、肌に触れるものから見直してみましょう。パジャマやシーツをオーガニックコットンのものに変えて睡眠の質が向上することで、心に余裕が生まれ、日中の生活にも明るい変化が見られるかもしれません。体が喜ぶものを選んで、気持ちのいい毎日を手に入れましょう。


Scroll to top