間違えないクリーニング屋さんの選び方

クリーニング屋の選び方

お気に入りの衣類を美しく、そして長く着続けるためには、日々のお手入れが重要です。家庭の洗濯機では処理しきることができない衣類は、クリーニング店へと依頼することになるのですが、クリーニング店の技術はすべて同じではありません。クリーニング店選びを失敗しないためのポイントについていくつか紹介するので参考にしてください。

クリーニング屋の選び方

クリーニング店で確認するポイント

クリーニング店を選ぶ際には、多くの人が自宅や職場からの距離や価格などから選びます。もちろんこれらのポイントもクリーニング店選びに重要です。料金が高ければ、日常的に使うことができず、店舗の位置が悪く利便性が悪ければ、使い勝手が悪くなってしまいます。納期なども含めて、使いやすいクリーニング店選びは重要ですが、そのほかにもクリーニング店選びのポイントはいくつかあります。そのひとつが、クリーニングに関する知識があり、しっかりとした説明を受けることができるかどうかということです。クリーニングに出したのにもかかわらず、汚れが落ちていない、色落ちしているなどといったトラブルは、説明をしっかりと受けることができていないことが関係しておこります。

このトラブルを避けるためにも、受付のアルバイトにもしっかりと研修を行い、説明できるようにしているクリーニング店を選ぶことが必要です。説明や知識を第一に選びたいのならば、工場一体型のクリーニング店を選ぶとよいでしょう。クリーニング店には受付だけを行う直営店とクリーニングも行う工場一体型の店舗とがあります。工場一体型の方が、どこまでクリーニングすることができるのかをしっかりと説明することができます。また、連絡先がしっかりとわかるということも重要なポイントです。シミ残りや色移りなど何らかのトラブルが起きた際に、苦情を申し立てることができる連絡先が記載されている店舗は信頼できるでしょう。

クリーニング屋で使われていたアイロン

クリーニング技術を確認するポイント

クリーニング店の技術の良し悪しは、受付の段階や一度の依頼でわかるものではありません。そのため、基本的には長い目で良いクリーニング店なのかを確認する必要があります。チラシや看板にできるメニューが書かれていても、満足のいく技術なのかどうかわからないので、はじめはワイシャツなど簡単なものを依頼して技術を確かめてみることが必要です。一度クリーニングを依頼し、汚れはしっかりと落ちているのか、生地の傷みや縮みはないのか、そしてにおいが残っていないかを確認するとよいでしょう。技術に関しては、クリーニング業界において技術や安全性を保証するマークなども存在しています。

店舗にクリちゃんマークやLDマーク、Sマークなどがあるかを確認してみるのもポイントです。

ポイントをつかんで最適なクリーニング店を

クリーニング店選びは、お気に入りの衣類を美しく長く着るために重要なポイントです。使い勝手の良さから立地や価格から選ぶことも必要ですが、トラブルを避けるために対応の良さを確かめること、納得のいくサービスを受けることができるように時間をかけて技術を確かめることも必要となるでしょう。しっかりとクリーニング店を選び、おしゃれを楽しんでください。

クリーニング屋で洗濯された衣類

利用シーンで違う!洗剤の特徴と選び方

オススメの洗剤の選び方

衣類の洗濯で使用する洗剤は需要の増加に伴って様々なメーカーから販売されています。値段はもちろん、使用されている成分や特徴がそれぞれ異なるため、どれを選んでいいかわからずに迷ってしまう人も少なくありません。そこで今回は、洗剤の特徴を紹介すると共に、利用シーンに合わせた最適な選び方を紹介していきます。

オススメの洗剤の選び方

洗濯洗剤を選ぶ時のポイント

自宅で洗濯物を洗う時に必要となる洗濯洗剤はいくつかの種類に分類されています。まず基本となるのが中性洗剤です。中性は数ある洗剤の種類の中でも衣類に対する負担が最も少なくて済むのが特徴です。そのため、絹やウールといったデリケートな素材を使用している衣類との相性が良いとされています。それに対して頑固な汚れをしっかりと落としたいという場合に有効となるのが弱アルカリ性の洗剤です。弱アルカリ性は中性よりも洗浄力が高く、黄ばみやシミなど通常では落としにくい汚れにも高い効果を発揮します。ただし、洗浄力の強さに比例して衣類に負担が掛かりやすくなるので注意が必要です。

洗剤は商品によって使用されている成分が違っていて、体に何らかの影響が出てしまう物もあります。外部からの刺激に弱い敏感肌の人や乳幼児が着用する衣類では、植物由来を始めとした体に影響の出ない成分が使用されている無添加の洗剤が最適です。

洗剤によって異なる特徴

液体と粉末の違い

一昔前であれば洗剤というと粉末が主流でしたが、時代の移り変わりの中で液体洗剤の需要も増加しています。粉末と液体、どちらも同じという認識を抱いている人も少なくありません。しかし、実際には大きな違いがあって、その一つが洗浄力です。液体は衣類で使用されている素材に対して影響力が少ない反面、粉末に比べて洗浄力は若干落ちます。目に見えない軽い汚れ程度であれば液体でも問題ありませんが、夏場の汗による襟元の汚れなどには効果が薄いのは否めません。洗浄力の強い粉末であればこうした頑固な汚れもしっかりと落とせます。ただし、素材によっては色落ちしてしまうケースもあるので、洗濯物によって使い分けることが大切です。

液体洗剤を選ぶ時の重要なポイントの一つに蛍光剤の有無があります。蛍光剤は素材の色を強調させるための染料のことです。白を始めとした明るい色に高い効果を発揮しますが、パステルカラーのような淡い色は逆に色褪せの原因となってしまうので注意しなくてはいけません。これらの色の衣類を洗濯する時は、蛍光剤の使用していない物を選ぶのが基本になります。

衣類によって洗剤を分ける

用途に合わせて最適な洗剤を選ぶ

市販されている洗剤は、一見するとどれを使っても同じような印象を受けますが、それぞれ洗濯する衣類との相性を考えて作られています。相性が悪いと十分な効果を発揮できないだけでなく、悪影響を及ぼしてしまうこともあるので注意が必要です。洗剤を選ぶ時は、値段の安さだけで決めずに用途に合った最適な物を選ばなくてはいけません。

毎日の洗濯を楽に!時短テクニック!

洗濯を手短に済ませるためのテクニック

気に入った洋服であっても、洗濯に多くの時間が掛かっていては、気分が滅入ってしまいます。洗濯を手短に済ませるためには、洗い始める前の手順や、干し方に工夫を凝らすことも大切です。洗濯したものを干し、室内に取り入れるまでの導線を意識して取り組みましょう。ここでは、洗濯を手短に済ませるためのテクニックを紹介します。

洗濯する衣類の分別が大切

洗濯をする際に衣類を分別しておけば、すぐに着る必要があるものから洗うことが可能になります。優先順位をつけて衣類を洗うためには、洗濯機の側に分別用のカゴを置き、気に入った衣類や、デリケートな下着類などの基準で分類しておくことです。洗う衣類を分別しておくことは、優先的に着る衣類から洗えるだけではなく、一度の洗濯量を減らすことにも繋がります。洗濯機に定められた容量以上の衣類を詰め込んでしまうと、汚れが落としにくくなるだけではなく、脱水効率も悪くなるからです。洗濯する衣類を細かく分けておくことで、洗濯効率だけではなく、干す時間の短縮も実現するのです。

洗う前の分別を行ったら、洗剤にも気をつけてみましょう。洗剤のなかにも、すすぎが一回で済むタイプのものが出ています。脱水やすすぎにかける時間が少なくなれば、全体的な洗濯時間は短くなります。洗う衣類によっては、フワフワ仕上げにしたい場合もあるでしょう。柔軟剤を用いることで、洗濯後の仕上げに要する時間は少なくなります。衣類の分類を行い、洗剤と柔軟剤にこだわるだけでも、洗濯の時間は短くなるのです。

洗濯する衣類を分別する

早く乾かすことを意識しましょう

短い時間で洗濯を終わらせるには、洗濯物を早く乾かすことも意識しましょう。洗濯物を早く乾かすには、脱水の際の工夫を凝らすことが大切です。洗濯物を干す際に多くの水分が含まれていなければ、短い時間で洗濯物は乾きます。洗濯後の衣類に水分が多く含まれないためには、洗濯槽にバスタオルを混ぜておくことです。洗っている間に洗濯槽のなかのバスタオルが衣類の水分を取り、干す際に含まれる水分が少なくなるからです。

洗濯物を干す際には、衣類を近付けないことも大切です。水分を多く含んだシャツ同士がくっついてしまうと、乾燥に時間が掛かってしまうだけではなく、衣類に型崩れが生じます。衣類を干す際に使うハンガーを太めにして、距離を保って干せるような工夫が必要なのです。洗濯物を干す際には、クリーニング店から衣類が返ってきた際に付随するハンガーを使う方も多いでしょう。効率的に洗濯物を干すことと、型崩れを防ぐためには、衣類同士の距離を保てる太めのハンガーを揃えておくことも大切です。

洗濯物を干す際には衣類を近付けない

少しの工夫で洗濯時間の短縮が実現

洗濯を時短で済ませるには、事前に衣類を分類しておくことが必要です。すぐに着たいものから洗えるように、事前に準備を済ませましょう。洗う際には、すすぎに時間がかからない洗剤や、仕上げが楽になる柔軟剤を用いることも大切です。乾かす場合には、ハンガーに工夫を凝らしましょう。干す際に衣類が近付いてしまうと、水分が抜けるのに時間が掛かり、型崩れを起こすからです。

【必見!ケア方法】お気に入りの服を10年長持ちさせるには?

すべてのお気に入りの服を10年保たせたい

おしゃれを楽しむ人にとって、お気に入りの服がすぐに傷んでしまうということは悲しいことです。お気に入りの服程すぐに傷んでよれよれになってしまいます。しかし、服は正しい保管方法や洗濯方法を実践してケアしていけば、必ずしもすぐにダメになってしまうというわけではありません。服を長持ちさせるためのケア方法について説明します。

すべてのお気に入りの服を10年保たせたい

正しい着用・保管方法

服を長持ちさせるためには、まず日頃の着用方法に気を配ることが重要です。当たり前ではありますが、服は着れば着るほど傷んでいくものです。その際、丁寧に着るということが服を長持ちさせるためのポイントといえるでしょう。装飾がある服でアウトドアしたら、糸が引っかかって伸びてしまい、ダメになってしまったという経験があるので、シーンに合わせた服装をするということが重要だと思います。また、同じ服を連日着用すると傷みやすくなるので、一度来たら2日程休息させると、服の良いケアといえるでしょう。そして、着た後はほこりや汗を取り除くケアが重要です。ブラッシングでほこりを落とし、霧吹きで水をかけて風通しの良い場所にかけておくと、長持ちします。

服を長持ちさせるケア方法のひとつには、正しい保管方法を実践するということもあげられます。シーズンによって着ない服がありますが、それらを着ている服と同じようにタンスにしまうのはよくありません。単純に服を詰め込みすぎれば服が傷みます。スーツならばスーツ用のケースへしまうなど、服に合わせた保管方法をするとよいでしょう。また、服は折りたたんでしまうよりも、サイズに合わせたハンガーにかけて保管するほうが長持ちします。サイズや型に合ったハンガーにかければ、型崩れを防ぎ、長く着ることが可能です。

正しい保管方法

正しい洗濯方法

服を長持ちさせるためのケアには、洗濯や乾燥の方法も正しく行うことも含まれます。着た後の服をそのまま放置していると、ほこりが積もるばかりではなく、虫がつく可能性が高いです。久々に片付けようとしたら、服に穴が開いていたといった経験があります。これは実は虫が食べた跡かもしれません。服が傷んだというだけではなく、虫がついているという点に生理的な嫌悪を感じますよね。洗濯物を洗濯籠に入れる人は多いですが、洗濯籠をゴム製のものを選ぶと、服の生地が傷むことを防ぐことができることもポイントです。また、洗濯するにしても、正しい洗濯方法を行うことが必要です。服には必ず洗濯表示がついているので、それに従って適した洗剤選びや洗濯方法を行います。

このほか、ドライクリーニングを多用せずに、スチーマーなどでケアしたり、少ない洗剤を使って冷たい水で洗濯したり、ぬるま湯の手洗い、分けて洗濯する方法もいいです。洗濯した後に干す際にも、型崩れしないようにハンガーや干し方を工夫すれば、服は長持ちするでしょう。

正しい選択方法

正しくケアして長く着よう

お気に入りの服は、できるだけ長く着続けたいものです。服は粗雑に扱えばその分早く傷みますが、丁寧に正しくケアしていれば長持ちします。多用しすぎず、服に合った保管方法を実践するほか、服に合わせた洗濯方法を行うことが重要です。また、スチーマーや手洗いも有効な方法といえるでしょう。
正しいケアを行って、服を長持ちさせておしゃれを楽しんでください!

オーガニックコットン+炭素繊維の服の魅力

オーガニックコットンの生地

洋服に使われる素材にはそれぞれ独自の魅力がありますが、中でもオーガニックコットンは機能性とデザイン性の両方を兼ね揃えていることで人気があります。独自の製法で作られたこの素材を使った洋服は、季節ごとに異なるファッションを楽しめるのが特徴です。そこで今回は、オーガニックコットンの特徴やおすすめのファッションについて解説していきます。

オーガニックコットンの生地

オーガニックコットンならではの魅力

オーガニックコットンには独自の特徴がたくさんありますが、中でも特筆すべきポイントに一つに挙げられるのが通気性の高さです。一般的な綿の素材は生産過程で使用されている農薬の影響で空洞部分がしぼんでしまうと言われています。オーガニックコットンは昆虫を使った害虫の除去など農薬を一切使用せずに生産されるため、空洞部分がしぼむことはありません。この空洞部分に大量の空気が含まれることで、夏場の清涼感と冬場の防寒性の両面を手に入れることができています。

天然素材のオーガニックコットンを使用したファッションは若い世代はもちろん、年齢を重ねた人にも最適と言えます。ナチュラル系のレディースファッションでは、下はパンツ系、スカートならロングを選ぶなど露出を控えめにするのがポイントです。素材特有のふんわり感は体型を隠すのに最適ですが、全体が野暮ったく見えてしまうこともあります。そのため、ヘアアレンジや小物で野暮ったい印象を目立たなくさせるのがポイントです。

昆虫を使った害虫の除去など農薬を一切使用せずに生産されるたオーガニックコットン

素材を活かしたファッションと炭素繊維との組み合わせ

素材の柔らかさもオーガニックコットンならではの魅力の一つです。Tシャツに使われる素材の中には、洗濯や繰り返しの着用によって固くなってしまう物も少なくありません。時間と手間を掛けて作られているオーガニックコットンは、使い込むに連れて素材が柔らかくなる特性を持っています。長く使い続けるごとに肌ざわりが良くなり、体にフィットするのはこの素材ならではの特徴です。
特にメンズ系ファッションでは、下は短パンで上はTシャツといった、素材の特性を最大限に活かすことがファッションがポイントと言えます。見た目の爽やかさを重視する場合は、コバルトブルーやライラックなどの淡い色のシャツが最適です。

オーガニックコットンの繊維の中には特殊な製法で作られた炭繊維の物もあります。炭繊維は短めの袖丈による実用性と首元をスッキリとさせて見た目のシルエットをシャープに見せるファッション性を兼ね揃えている素材です。Tシャツ単体としての着用はもちろん、春や秋にインナーとして使用してジャケットを羽織るとコーディネートなど幅広くアレンジできます。

機能性とデザイン性の両方を兼ね揃えているオーガニックコットンファッション

使う人の健康を考慮した実用性とデザイン性の高さ

オーガニックコットンは肌に優しい素材のため、敏感肌やアトピーなど肌トラブルを抱えている人でも心配いりません。繊維が炭でできている炭繊維は、ファッション性が高いのはもちろん、繰り返しの着用で素材の持つ特性が失われることがないのが特徴になります。
年代や性別を問わず幅広い人が気軽に使える汎用性の高さが魅力です。

みなさまにご提供したいもの

sumigiを着て快適な暮らしを

私たちは、服をお届けするだけではなく、「sumigiを通じてみなさまに何をご提供したいか。」っという考えを常に全員で共有しています。

sumigiを着て快適な暮らしを

言葉では説明できない心地よさを感じていただきたい

私たちが提供したいもの。それは、心地よさです。

喉が乾ききった時に飲む水のおいしさ。そして、お風呂に入った時の、あのなんとも言えない気持ち良さ。sumigiを着ていただけた方に、そんな言葉にできない心地よさを提供できるようになりたいと考えております。
いつか「服を着ることが快感」という域に到達することができることが目標です。
ただ流行の服をお届けするだけではなく、想いもお届けすることで、みなさまの普段の生活を共に過ごすことができれば幸いです。