オーガニックコットンの洋服はデメリットの方が多い?

オーガニックコットンの生地
昆虫を使った害虫の除去など農薬を一切使用せずに生産されるたオーガニックコットン



洋服に使われる素材にはそれぞれ独自の魅力がありますが、中でもオーガニックコットンは、肌や環境に優しい素材でありながら、機能性とデザイン性の両方を兼ね揃えていることで人気があります。

コットンと綿の違いは?品種ごとの違いも解説
コットンと綿の違いは?品種ごとの違いも解説
コットンは、私たちの身につけているものの多くに含まれており、肌への影響も少ないため、赤ちゃんから高齢者まで幅広…

オーガニックコットンと普通のコットンの違い


ただ、実際にはオーガニックコットンがどういった素材なのかを理解している人は少ないと思います。オーガニックコットンは、素材としては綿花(コットン)とまったく同じです。ただ、その製法や流通に違いがあります。では、オーガニックコットンは普通のコットンとはどういった点で違うのでしょうか。

同じコットンでも、オーガニックコットンという名称を使うためには、厳密な定義があります。具体的には、3年以上農薬や化学肥料を使わない農地で栽培、また児童労働を行わせていないなど、国が定めた認証機関の厳しい基準をクリアしなくてはいけません。

また、製品化までの工程を通じて、工場や加工についてしっかりとトレーサビリティ(製品がいつ、どこで、だれによって作られたのか)が守られている必要があります。

オーガニックテキスタイル世界基準(GOTS)

gots

何をもってオーガニックとするかについては、国ごとの基準がありますが、標準的な基準の一つとして、GOTSマークがあります。GOTSは、Global Organic Textile Standardの略です。GOTSが貼られている製品は、以下の基準以上の品質があることを証明されています。

  • 原料の70%以上がオーガニック繊維
  • 加工にオーガニックな方法が使われている
  • 遺伝子組み換え技術を使用していない
  • 水・エネルギーの環境目標を設定している
  • 毒性のある薬剤を使用していない
  • 衛生的で安全な労働環境
  • 搾取や差別のない労働条件
  • トレーサビリティの確保

この他にもいくつかの要求事項がありますが、GOTSマークがある商品は、第三者による審査・認証を受け、これらをクリアーしている製品となります。

GOTSの公式サイトはこちら

オーガニックコットンの生地

オーガニックコットンならではのメリット・効果とは

では、コットンではなくオーガニックコットンのメリットや効果はどういったものがあるのでしょうか。オーガニックコットンの生地の特徴はたくさんありますが、中でも特筆すべきポイントに一つに挙げられるのが通気性の高さです。一般的な綿の素材は生産過程で使用されている農薬の影響で空洞部分がしぼんでしまうと言われています。

オーガニックコットンは昆虫を使った害虫の除去など農薬を一切使用せずに生産されるため、空洞部分がしぼむことはありません。この空洞部分に大量の空気が含まれることで、夏場の清涼感と冬場の防寒性の両面を手に入れることができています。

また、オーガニックコットンは保湿性にも優れており、とても肌触りが滑らかで、着ていて心地いいのも特徴です。そして、天然由来の素材であるため、敏感肌の方や赤ちゃんにも安心して使うことができます。

また、素材の柔らかさもオーガニックコットンならではの魅力の一つです。時間と手間を掛けて作られているオーガニックコットンは、使い込むに連れて素材が柔らかくなる特性を持っています。長く使い続けるごとに肌ざわりが良くなり、体にフィットするのはこの素材ならではの特徴です。

オーガニックコットンのメリットまとめ

  • 通気性
  • 保温性
  • 保湿性
  • 肌に優しい
  • 長く使い続けることができる

このように、オーガニックコットンは通常の服と比べて多くの利点を備えています。

オーガニックコットンのデメリット

では、オーガニックコットンのデメリットとはなんなのでしょうか。

まず一番は値段です。オーガニックコットンは非常に手間をかけて丁寧に作られています。そのため、どうしてもコストが普通のコットン製品より高くなる傾向があります。

また、伸縮性が通常の服に比べて少ないです。そのため、サイズを自分にあったものを選ばないと、窮屈に感じてしまうことがあるかもしれません。

そして、オーガニックコットンは自然由来のために服のカラーバリエーションがあまりありません。染色に化学薬品を使うことで、自然由来のオーガニックコットンという定義から外れてしまうためですね。染色されているオーガニックコットンもありますが、そういった製品は自然由来の染色を行っています。

また、丈夫で長持ちするオーガニックコットンですが、それも正しい洗濯方法を行う必要があります。漂白剤などで風味を損なわないよう、注意しましょう。またオーガニックコットンには生地につぶつぶが見えることがありますが、こちらは製造過程でとれなかった綿花の葉や茎の残りで、洗濯をすることで取れていきます。

オーガニックコットンのデメリットまとめ

  • 値段が高くなる
  • 伸縮性が少ない
  • カラーバリエーションが少ない
  • 洗濯にコツがいる

自然に優しく、身体にも優しいオーガニックコットンですが、長く付き合っていくためにも、生地に対する正しい知識を持っておくとよいでしょう。

オーガニックコットンが使われる製品

通気性や保湿性に優れ、また肌に優しいオーガニックコットンは、パジャマやシャツ、またマスクやタオルまで、様々な製品に使われています。

おくるみ

肌に優しいオーガニックコットンは、特に赤ちゃんのおくるみによく使われます。プレゼントとしても人気があります。通気性、保湿性、保温性にもすぐれたオーガニックコットンは、赤ちゃんを優しく、安心と心地よさで包み込んでくれます。

オーガニックコットンのおくるみを出産祝いに!おすすめの人気ブランドも紹介
オーガニックコットンのおくるみを出産祝いに!おすすめの人気ブランドも紹介
大切な人の出産祝いに迷った時は、オーガニックコットンのおくるみはいかがでしょうか。オーガニックコットンは、通常…

パジャマ

オーガニックコットンは、パジャマにもぴったりです。家でのリラックスタイムを、肌触りのいい優しい服で過ごしたいという方もいいのではないでしょうか。そんな時はぜひオーガニックコットンのパジャマでリラックスしましょう。

Tシャツ

オーガニックコットンは、洗えば洗うほど独自の風合いがだせます。通気性が高く、丈夫なオーガニックコットンは、Tシャツにぴったりです。長く丈夫にきれるTシャツが欲しいと思ったら、ぜひオーガニックコットンのTシャツを選んでみて下さい。

オーガニックコットンのファッションを楽しむ

天然素材のオーガニックコットンを使用したファッションは若い世代はもちろん、年齢を重ねた人にも最適と言えます。ナチュラル系のレディースファッションでは、下はパンツ系、スカートならロングを選ぶなど露出を控えめにするのがポイントです。

素材特有のふんわり感は体型を隠すのに最適ですが、全体が野暮ったく見えてしまうこともあります。そのため、ヘアアレンジや小物で野暮ったい印象を目立たなくさせるのがポイントです。


特にメンズ系ファッションでは、下は短パンで上はTシャツといった、素材の特性を最大限に活かすことがファッションがポイントと言えます。見た目の爽やかさを重視する場合は、コバルトブルーやライラックなどの淡い色のシャツが最適です。

また、オーガニックコットンは肌触りがいいため、パジャマとしても人気があります。ぜひオーガニックコットンの魅力を味わってください。

オーガニックコットンのパジャマでぐっすり睡眠!お勧めブランドも紹介します!
オーガニックコットンのパジャマでぐっすり睡眠!お勧めブランドも紹介します!
寝付きが悪かったり、寝心地が悪くて途中で目が覚めてしまったりと、それぞれ睡眠について悩みはあると思います。そん…