charcoalbath0

炭には、消臭や除湿からダイエットまで、様々な効果がありますが、実はお風呂にいれて入浴剤代わりに、なんて使い方もあるのはご存知でしょうか。今日は炭をお風呂にいれて得られる効果や、そのやり方を解説します。

炭でお風呂がぽかぽかに

炭をお風呂にいれるとどんなメリットがあるのか。簡単に紹介したいと思います。

  • 炭の吸着効果で塩素などの不純物を吸着
  • ミネラルでお肌がすべすべに
  • 遠赤外線効果で体がぽかぽかに

浄水フィルターの中に黒いつぶつぶがあるのを見た方もいるかもしれませんが、実はあれ、炭なんです。炭には、無数の孔と呼ばれる穴が開いており、この孔に様々な不純物を吸着するという性質があります。そのため、炭をお風呂にいれると、塩素や水分中の不純物を吸収しれくれいます。

また、炭にはマグネシウム、マンガン、無機成分、カルシウム、鉄など様々なミネラルが豊富に含まれています。水にいれることで、これらの成分が吸収されるというわけですね。

さらに、炭には遠赤外線効果があります。焼き鳥などを焼くときに、炭を使うと美味しくなるのは、この遠赤外線効果で均等にしっかり火が通るから。つまり私達の体も、この遠赤外線効果でぽかぽかにしてくれます。

炭をお風呂にいれてみよう

charcoalbath1

それでは、これから炭をお風呂にいれて、入浴剤として使用する方法を説明します。

1.備長炭を用意しましょう

まずは1kg程度の備長炭を用意しましょう。炭には色々な種類がありますが、お風呂には硬くて溶けにくい備長炭がお勧めです。備長炭は高価な場合もありますので、もし難しければ、白炭という種類の炭を用意しましょう。黒炭は、もろく溶けやすいので使用は控えた方がいいです。

2.炭をネットに

用意した炭は、洗濯ネットなど網目が細かいものにいれましょう。炭が万が一砕けた時も飛び散らないようにしておきます。

3.炭を湯船に

後は用意した炭を湯船にいれるだけです。炭風呂は不純物を吸着してくれるので、湯船の水も綺麗になりますよ。

炭は再利用できます!

使い終わった炭は再利用することが可能です。使用後は、乾燥させておき、一週間に一度はたわしなどで洗って陰干しします。2~3か月ほどが使用期間の目安だと思って下さい。

炭風呂をぜひ試してみてください

炭をお風呂にいれるだけで手軽に実践できる炭風呂。身体もぽかぽかに、お風呂の水も綺麗になるので、お勧めです。ぜひお試しください。


Recommended Posts