洗濯はただ洗うだけではなく、干したり取り込んだりといった作業も行わなければいけません。しかもそれらを毎日繰り返すとなると、負担もかなりのものです。できれば少しでも時短して負担を軽減したいところですよね。そこでこの記事では、洗濯を時短できるおすすめのグッズを4つご紹介します。これさえ読めば今日から洗濯物のお悩みを解決できちゃいますよ。

洗濯機を回す前にちょっとした一工夫

洗濯機を回す前にちょっとした一工夫

2段or3段の洗濯カゴ

洗濯を時短する上で欠かせないのが洗濯物の分別です。一見すると分別せず一気に洗濯してしまった方が短く終わるんじゃないかと思いがちですよね。でも洗濯物を分けないで洗うと汚れや色が他の洗濯物に移ったり、服が型崩れしたりといった悪影響が生じてしまうんです。そうなると再び洗い直す必要性が出てくるため、時短どころの話ではなくなります。こんな時に役立つのが2段以上の洗濯カゴなのです。段になっていれば余計なスペースを使わずに済みますし、洗濯物の出し入れもしやすくなります。あまり段を増やしすぎると逆に使い勝手が悪くなるので、多くても3段くらいにしておいた方がいいでしょう。例えば1段目に汚れやすい靴下やシャツ、2段目にそれほど汚れていない衣類、3段目には糸くずが出やすいタオル類を入れ、順番に洗濯していきます。すると綺麗な仕上がりとなり、2度洗いをする手間も省けるため、結果として洗濯の時短となるわけです。

洗濯ボール

洗濯機の中で洗濯物が絡まってイライラした経験はありませんか?洗ったばかりの洗濯物にヨレやシワができていると本当にガッカリしますよね。実はこの悩みを簡単に解消できる魔法のようなグッズがあるんですよ。それは洗濯ボールという名のアイテムで、洗濯物と一緒に洗濯機の中に入れて洗濯をすると、洗濯槽の水の流れが良くなって様々な恩恵を受けられるのです。洗濯ボールにはいくつかの種類があり、それぞれ効果が異なります。洗濯物の絡まりを解消したい時はゴムタイプ、ペットの毛や糸くずなどを絡め取りたい時はスポンジタイプ、そして衣類の油脂分を効率的に取り除きたい時にはセラミック・マグネシウムタイプの洗濯ボ―ルが適しています。

私が日頃から愛用しているのはゴムタイプの洗濯ボールで、これを使い始めてから洗濯機の中で洗濯物が絡まることがほとんどなくなりました。洗い上がりの洗濯物を洗濯機からスルスルと取り出せる快感を一度味わってしまうと、もう元には戻れないでしょう。それくらい洗濯時のストレスがなくなり、おまけに時短にもなっちゃう優れものなんです。コツとしては、洗濯物の数に応じて投入する洗濯ボールの数も増やすことです。ボールは一般的に4~5個のセットで販売されているので、通常はそれらすべてを入れてしまって問題ないと思います。逆にボールの数が少ないと期待する効果が得られない場合もあるので、少し多いくらいでちょうどいいでしょう。

あれだけ辛かった洗濯物を干す作業が一変するグッズ

あれだけ辛かった洗濯物を干す作業が一変するグッズ

ピンチハンガー

洗濯物を「洗う」工程は機械が全自動で行ってくれますが、「干す」と「取り込む」作業は自分でやらなければいけません。この2つの作業は少々面倒なので、億劫に感じてしまう人も少なくないのではないでしょうか。この「干す」と「取り込む」を手短に済ませるために用いられるのがピンチハンガーです。ピンチハンガーといってもたくさんの種類があり、一体どれを選べば時短になるのか分かりづらいですよね。そこで私が実際に使ってみて良かったピンチハンガーをご紹介します。それはピンチのつまみにローラーが付いているタイプのピンチハンガーです。干した洗濯物を軽く引っ張るだけでスルッと外れるため、一気に取り込むことができてしまいます。また、つまみの開き具合もスムーズなので、干す時にストレスを感じることもありません。「干す」と「取り込む」作業がピンチハンガーを変えるだけでこんなに楽しくなるとは思いもしませんでした。

平干しネット

いくら干しやすいピンチハンガーだったとしても、靴下などの小物を一つずつピンチに挟んでいくのは面倒くさいという人もいるかと思います。そんな人におすすめなのが平干しネットです。平干しネットなら靴下や小物を広げて並べるだけで干せるので、大きな時短になりますよ。また、平干しネットはセーターやニットといった型崩れさせたくない衣類を干すのにも最適です。最近では折りたたみ式の2~3段ネットもあるので、場所を取らずにより多くの洗濯物を干すことができます。ネットが平になっているため、ぬいぐるみなどの大きな物を干す時でも安定していて、風で落ちる心配もありません。ぬいぐるみ好きの私には大変役立っています。小さなお子さんがいる家庭でもきっと重宝するのではないでしょうか。

洗濯時短グッズで日々の生活を豊かにしよう!

普段何気なくしていた洗濯も、洗濯グッズを使ってちょっとした工夫を凝らせば簡単に時短できてしまうんです。それと同時に毎日の洗濯に感じていた心身の負担もグッズによって軽減されるでしょう。今回紹介した洗濯グッズはどれも数千円と安価で手に入る物なので、今からでも自宅の洗濯に取り入れてみてはいかがでしょうか。その快適さを味わってみてくださいね。


Recommended Posts