SDGsとはSustainable Development Goalsの略称で、持続可能な開発目標という意味です。基本的人権や地球環境などの問題解決に向けて、2030年までに達成することが目的です。また、すべての国連加盟国が賛同しており、世界的に関心が高まっています。アパレル業界も、sdgsの実現に向けて、具体的に行動しています。これから、アパレル業界における事例を紹介します。

SDGsとは何か

SDGsとは何か

世界的に、SDGsに対する関心が高まっています。SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略称です。「持続可能な開発目標」という意味で、すべての国連加盟国が目標として掲げています。具体的に17の目標が掲げられており、2030年までに達成することを目指しています。貧困と飢餓の撲滅、健康と福祉、教育の普及、衛生的な環境、ジェンダー平等、経済基盤、技術革新、気候変動、海と陸を守るなど、基本的人権と生活水準、地球環境に関わる目標ばかりです。世界中の誰もが平和で公正な生き方ができるように、2015年に定められました。

2000年から2015年までは、MDGsが掲げられていました。MDGsとはMillennium Development Goalsの略称であり、ミレニアム開発目標と呼ばれていました。極度の貧困撲滅や初等教育の普及などが掲げられ、SDGsの前身として知られています。MDGsでは、貧困率が減ったり、インターネットの普及率が高くなったりして、いくつかの目標を達成することができました。しかし、未達成の目標もあり、引き続きSDGsで取り組むことが決まりました。MDGsとSDGsの大きな違いは、国連や政府、国や自治体だけではなく、民間企業や個人も積極的に目標達成に関わることです。また、発展途上国だけではなく、先進国も当事者として意識を高めることが重要なポイントです。

尚、MDGsとSDGsの大きな違いは、目標を8から17に増やしたことです。しかも、分かりやすく箇条書きにしているので、子どもでも理解しやすいというメリットがあります。目標のうち1から6までは基本的人権、7から12までは経済と社会、13から15までは地球環境、16と17は基本的な目標です。各目標を象徴するイラストも描かれており、イメージしやすいところも大きな特徴です。SDGsを自分たちの身近な問題として取り上げるケースが増えており、授業で取り上げる学校もあります。SDGsに関連する書物もたくさん発行されて、さらに関心が高まることが予測されています。イメージアップにつながるので、SDGsを事業展開に取り入れる民間企業は多いです。

アパレル業界とSDGs

アパレル業界も、積極的にSDGsに取り組んでいます。衣類の素材として、アパレル業界では大量の綿花を使用します。SDGsの一環として、無農薬の綿花栽培を推進して、化学物質の使用頻度を減らすように努力しています。化学物質の使用が減れば、環境汚染を防ぐことができるからです。また、化学物質を利用した衣類が、肌に影響を及ぼすことを防げます。ほかにも、リサイクルしやすい素材を使って、地球環境に負荷をかけないように配慮しています。

アパレル業界では、劣悪な労働環境の改善を目指しています。長時間労働が解消されて、適切な賃金が支給されるようになれば、sdgsが定める目標を達成することができます。なぜなら、健全な労働環境は、基本的人権を守ることにつながるからです。アパレル業界では、素材の生産から衣類の縫製、販売まで数多くのスタッフを必要とします。すべてのスタッフが快適に働けるように環境を整えることは、アパレル業界の重要な課題です。

アパレル業界の問題として、大量生産および大量消費が挙げられていました。中でも、余剰在庫の問題は深刻です。その理由は、生産された衣類がそのまま廃棄されるケースが多いからです。大量の衣類を焼却すると、膨大な量の二酸化炭素が放出されます。公害などの環境汚染や地球温暖化につながるので、早急に改善すべき問題です。地球環境を保護するために、生産量をコントロールしたり、リサイクルを推進したりする活動がアパレル業界に求められています。

具体的な事例について

具体的な事例について

SDGsを取り入れたアパレル業界の具体的な事例として、有名ブランドの戦略が知られています。ある世界的な有名ブランドが、使い捨てプラスチックの使用量をゼロにすることを目標に掲げています。ほかに、リサイクルナイロンを積極的に利用している有名ブランドもあります。影響力の高い有名ブランドが行っている取り組みは、注目を浴びやすいです。しかも、賛同者が増えやすく、SDGsに対する意識改革が個人に広がります。また、取り組みの内容をアピールするために、SDGsに対する理解が深いタレントや有名人を広告に起用するケースが増えています。コマーシャルやSNSの影響力は大きいので、アパレル業界をアピールする人材は慎重に選ぶことが大切です。

アパレル業界とSDGsの今後について

2030年までに、すべての国連加盟国がSDGsを目標に掲げました。貧困の撲滅や温暖化の阻止など、基本的人権や地球環境に関する目標なので、関心を持っている方は多いです。また、アパレル業界でも、余剰在庫の問題などを解決するために、積極的に関わっています。大量生産および大量消費を解消するための問題にも取り組んでいます。

Recommended Posts